アルマス・タイパレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルマス・タイパレ Portal:陸上競技
1912 Armas Taipale.jpg
選手情報
フルネーム Armas Rudolf Taipale
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
種目 円盤投
生年月日 1890年7月27日
生誕地 ウーシマー県ヘルシンキ
没年月日 1976年11月9日(満86歳没)
死没地 南西スオミ県トゥルク
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アルマス・タイパレ (Armas Rudolf Taipale、1890年7月27日 - 1976年11月9日)は、フィンランドの陸上競技選手。円盤投の選手として1912年ストックホルムオリンピックと1920年アントワープオリンピックの2大会に出場。

ストックホルムオリンピックでは円盤投で金メダルを獲得。さらにこの大会だけ行われた円盤投(両手投げ)にも出場し、この種目でも金メダルを獲得し円盤投2種目制覇を果たした。ちなみにこの大会ではハンマー投を除き両手により投てきを行う競技が行われたが、通常の種目と両手による投てきの2冠を達成したのはタイパレだけである。

タイパレは第1次世界大戦後の1920年アントワープオリンピックに出場する。1大会空けた円盤投の連覇を狙ったが同じフィンランドのエルマー・ニクランダーに敗れ銀メダルに終わっている。

外部リンク[編集]