エティエンヌ・デマルトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

エティエンヌ・デマルトー (1904年撮影)
カナダの旗 カナダ
男子 陸上競技
オリンピック
1904 セントルイス 重錘投(56ポンド)

エティエンヌ・デマルトー(Étienne Desmarteau、1873年2月4日 - 1905年10月29日)は、カナダ陸上競技選手。1904年セントルイスオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

ケベック州ブーシャーヴィル出身。モントリオール・アスレチッククラブに所属し、今は実施されていない56ポンド重錘投げのトップ選手であった。1902年に、アメリカのAAU(全米体育協会)選手権に出場、アメリカのトップ選手であったジョン・フラナガンを下し、優勝を果たした。

1904年セントルイスオリンピック前に、フラナガンは重錘投げの世界新記録を樹立したが、デマルトーはフラナガンとともにセントルイスでは優勝候補と目されていた。モントリオールの警官だったデマルトーは、オリンピックに出場するために休暇願を出そうとする。しかし却下されたため、彼は仕事をやめてオリンピックに出場することとした。

デマルトーは、重錘投げの第1投で10.46mの投てきを見せる。この投てきでライバルのフラナガンを下すのに十分であった。フラナガンの記録は10.16mで、30cmの差をつけオリンピックの金メダルを獲得した。

モントリオールに戻ったデマルトーはヒーローとして迎えられた。しかし、彼の栄光は長く続かなかった。オリンピックの翌年、デマルトーは腸チフスに罹り、32歳の若さでこの世を去った。1976年モントリオールオリンピックバスケットボール会場のサントル・エティエンヌ・デマルトーは、彼を記念して名づけられている。

外部リンク[編集]