アルフレッド・アイゼンスタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 アルフレッド・アイゼンスタット
Alfred Eisenstaedt
ClintonsEise copy.JPG
マーサズ・ヴィニヤードビル・クリントン一家を撮るアイゼンスタット(1993年)
本名 アルフレート・アイゼンシュタット
Alfred Eisenstaedt
国籍 ドイツの旗 ドイツ帝国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1898年12月6日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国西プロイセンディルシャウ
没年月日 1995年8月24日(満96歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州オークブラフス英語版
使用カメラ 35mmライカ
作品 V-J Day in Times Square
テンプレートを表示

アルフレッド・アイゼンスタット英語: Alfred Eisenstaedt, 1898年12月6日 - 1995年8月24日)は、ドイツ西プロイセン出身のアメリカ合衆国写真家・フォトジャーナリスト(報道写真家)。アメリカにおける報道写真家の草分け的存在。報道写真を芸術的な形式まで高めることに貢献した。

生涯[編集]

西プロイセン・ディルシャウ(現在のポーランドトチェフ)のユダヤ系ドイツ人の子として生まれた。

1928年から写真家として活動。ドイツ国内の反ユダヤ熱が高まりつつあった1935年にアメリカに移住した。

以降30年以上、「ライフ」誌の専属カメラマンとして活動した。

外部リンク[編集]