アルコDL-109型ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第二次世界大戦中におけるATSFのDL-109型。

アルコ DL-109型ディーゼル機関車は、1939年12月から1945年4月の間にアルコが製造した、車軸配置A1A-A1A、キャブ・ユニットタイプの車体を持つ旅客用電気式ディーゼル機関車である。

アルコが初めて製造したキャブ・ユニットである。プロトタイプを含めてアルコは正式な形式名を与えておらず、設計上の名称(スペック・ナンバーと称する)で6タイプ(文献によっては5タイプ)が存在する。その数がカッコ書きとなるのは、外部リンク先の文献や資料に見られるように、設計名称のとらえ方や実状で混乱を来しているためである。本項目では、英語版の分類にならったうえ、それらを補足する。

完成形がDL-109型と呼ばれるタイプであった。運転台つきのAユニットが74両、運転台のないBユニットが4両製造された。本項目では、ほかの4(5)タイプについても述べる。

兄弟形式の概要[編集]

AユニットはDL-103b型DL-105型DL-107型DL-109型、BユニットはDL-108型DL-110型である。形式名のDLDiesel Locomotive即ちディーゼル機関車を意味する。それぞれの製造量数は以下のとおりである。

ユニット 設計名称 製造年月 両数
A
DL-103b
1940/1
1
A
DL-105
1940/9
3
A
DL-107
1940/11-1941/11
8
B
DL-108
1941/2-5
3
A
DL-109
1941/12-1945/4
62
B
DL-110
1942/9
1

外観は工業デザイナーのオットー・クーラー(Otto Kuhler)の手によるものであり、それぞれ非常によく似た形状を持つ。3分割された正面窓が特徴で、そのデザインはアメリカのパテントD121,219に登録されている。[1]全形式ともディーゼルエンジンを2台搭載しており、合計出力は2,000馬力(1,500kW)である。

DL-103b型のみ仕様が異なり、エンジンが538T型エンジンで、補機類の駆動にも電気を使用する。また、他形式よりも全長が4フィート5インチ(1.3m)長い。この車両はシカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道(CRI&PR。ロック・アイランド鉄道、RIともいう)の624号となった。他の形式は539T型エンジンを搭載し、補機類の駆動にはベルトドライブも使用する。各形式間同士の差異はごく小さなものであった。

DL-105型はやはりRIの622号とガルフ・モバイル・アンド・オハイオ鉄道(GM&O)の270号・271号となった(資料により、RIの622号をDL-107型とするものもある一方、GM&Oの270号・271号をDL-107型とするものもある)。

その他の鉄道会社は、DL-107型と、BユニットとしてDL-108型を導入した。

DL-109型は、ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道(NH)が大量に導入した。その経緯は後述する。

第二次世界大戦中、GM&Oとサザン鉄道(SOU)もDL-109型を購入し、SOUはDL-110型も購入した。Bユニットの設計名称がDL-108型からDL-110型となった理由は、大きな改良を伴ったからなのか、戦時生産として認可されたためだったのか、あるいはその両方か、不明である。DL-108型を認めない資料もある。

DL-109型[編集]

第二次世界大戦中、(NH)は戦時生産本部(War Production Board、WBP)の特別許可を得て客貨両用のディーゼル機関車を60両、購入した。ロードナンバー0710号-0759号である。これらは1942年から1945年の間に製造された。その時期、旅客用機関車の製造は、競合するEMDE-6形を含めて許可されなかった。

最初の10両(700号-709号)は真珠湾攻撃の直後、1941年12月にアルコのスケネクタディ工場から納入された。貨物の定時運行を確保するためである。NHは、1945年までに60両を配備した。

NHのDL-109型は、さらに3つのタイプに分けられる。DER-1aDiesel Electric Roadの略。700号-709号)は、オリジナルデザインであり、屋根上にベンチレーターがまとめて配置されている。DER-1b(710号-749号)とDER-1c(750号-759号)は、簡素化された冬季用ハッチに変更された。そして、昼間には旅客列車の、夜中には貨物列車の牽引に充当された。

2両のDL-109型が、より多くの機関車との総括制御(マルチプル・ユニット)に対応できるように改造された。オリジナルでは、背面同士で連結して使用することを想定されていたため、総括制御用のケーブルは後部(運転台とは逆側)にのみ設置されていた。これを全部(運転台側)に設置し、3両以上の重連に対応できるようにした。うち1両は前頭部に貫通扉を設置し、そのためにヘッドライトが上方向に移設され、前頭部の輪郭が変更された。

DL-109型は1950年代末期にボストン郊外でのコミューター・サービスを最後に使用を停止された。ただ1組、716号のみが、1960年代までボストンで第三軌条に給電するための発電機として使用された。これが最後に現存したDL-109型で、ペン・セントラル鉄道により解体された。

他の鉄道会社のDL-109型も、1950年代には解体された。RIは、621号をEMDの最新型エンジンに換装したが、それ以外にはこの方法は広がらなかった。シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道(MILW)に14A号と14B号の1組が残った。これらはシカゴミネアポリスを結んだアフタヌーン・ハイアワサ号と、夜行の復路ファースト・メールで使用された。同時に使用されたEMDのE6形(15A号と15B号)とともに、第二次世界大戦中にはその性能を発揮した。その塗装パターンもオットー・クーラーによるデザインであった

MILWの14A号

MILWのDL-109型は、それぞれ1953年までに300万マイル(約480万km)を走行し、オーバーホールされた。駆動用のモーターとディーゼルエンジンはアルコに送られてリビルドされ、車体はMILWの職工が作業した。オーバーホールされた機関車は車体も整形され、EMDに似た、ブルドッグのようなスタイルとなった。その後、これらの機関車はサウスダコタ州カントンやウィスコンシン州グリーン・ベイなどに向かうマディソン・シカゴ号に使用された。1964年5月、14B号はミルウォーキーのジョーンズ・アイランドで解体された。残された14A号を、MILWの職員たちはOld Maudeと呼んだ。

新製時の所有者[編集]

Aユニット[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 設計名称
アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道 (ATSF)
1
50
DL-107
ミルウォーキー鉄道 (MILW)
2
14A, 14B
DL-107
シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道 (CNW)
1
5007A
DL-107
シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道 (RI)
1
624
DL-103b
シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道 (RI)
1
622
DL-105
シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道 (RI)
2
621, 623
DL-107
ガルフ・モバイル・アンド・オハイオ鉄道 (GM&O)
2
270, 271
DL-105
ガルフ・モバイル・アンド・オハイオ鉄道 (GM&O)
1
272
DL-109
ニューヨーク・ニュー・ヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道 (NH)
60
0700–0759
DL-109
サザン鉄道 (SOU)
2
6400, 6401
DL-107
サザン鉄道 (SOU)
1
2904
DL-109

Bユニット[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 設計名称
アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道 (ATSF)
1
50A
DL-108
サザン鉄道 (SOU)
2
6425, 6426
DL-108
サザン鉄道 (SOU)
1
2954
DL-110

異説[2][編集]

資料によっては下記のような分類もある。

  • DL-105はGM&Oの270、271の2両のみ
  • DL-107は、RIの622、623の2両のみ。それ以外はDL-109とする
  • DL-108を認めない

主要諸元[編集]

  • 製造年月:1939年12月 - 1945年4月
  • 製造両数:78両
  • 軸配置:A1A-A1A
  • 機関:ALCO539T型 直列6気筒4ストロークディーゼルエンジン(156.778cc)[3]
  • 機関搭載数:2基
  • 最大出力:1,000馬力(750kw)/740rpm
  • 車体長:74フィート6インチ(22.71m

脚注[編集]

  1. ^ パテントの内容
  2. ^ *Marre, Louis A. (1995). Diesel Locomotives: The First 50 Years. Kalmbach Publishing Co. ISBN 0-89024-258-5.
  3. ^ ボア12.5インチ、ストローク13インチである。本項目英語版ではボアが12インチで計算してあるが、誤りである。

参考文献[編集]

  • Marre, Louis A. (1995). Diesel Locomotives: The First 50 Years. Kalmbach Publishing Co. ISBN 0-89024-258-5.
  • (1972). "DL109/110 Roster and Drawings." Extra 2200 South 9 (8) 19–22.
  • ALCO 244 and 251 Diesel Engines”. Pacific Southwest Railway Museum. 2006年3月9日閲覧。
  • Early Diesel Locomotive Engines”. Will Davis. 2006年2月20日閲覧。
  • Pinkepank, Jerry A. (1973). The Second Diesel Spotter's Guide. Kalmbach Publishing Co., Milwaukee, WI. ISBN 0-89024-026-4. 
  • Steinbrenner, Richard T. (2003). The American Locomotive Company: A Centennial Remembrance. On Track Publishers LLC, New Brunswick, NJ. ISBN 0-911122-07-9.  pp. 174-178.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]