ミルウォーキー鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルウォーキー鉄道

ロゴ

路線地図
路線図
Milw003.jpg
電化区間を行くミルウォーキー鉄道EP-2型電気機関車。1925年の時刻表より
報告記号 MILW
路線範囲 アイダホ州
イリノイ州
インディアナ州
アイオワ州
ケンタッキー州
ミシガン州
ミネソタ州
ミズーリ州
モンタナ州
ネブラスカ州
ノースダコタ州
サウスダコタ州
ワシントン州
ウィスコンシン州
運行 1851年–1986年
後継 スー・ライン鉄道
軌間 1,435 mm (4 ft 8 12 in)
電化 直流3000V
架空電車線方式
(一部区間)
1915年 - 1974年
本社 イリノイ州シカゴ

ミルウォーキー鉄道(Chicago, Milwaukee, St. Paul and Pacific Railroad、略称CMSP&P RR)はかつてのアメリカの一級鉄道の一つ。シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道が正式名称であるが、ミルウォーキー・ロードとも呼ばれる。日本語ではミルウォーキー鉄道と通称される。

概要[編集]

ミルウォーキー鉄道の開業は1847年で、順次路線を延長し1887年までに路線はウィスコンシン州、ミネソタ州、アイオワ州、サウスダコタ州、およびミシガン州の各州に延びた。その後、太平洋北西部に路線を延長し1909年にシアトルに達し、北米最後の大陸横断鉄道としてこれを完成した。ライバルのグレート・ノーザン鉄道がシアトルから日本・極東への航路として日本郵船と提携関係にあったが、同社は大阪商船と提携関係にあった。モンタナ・ワシントン両州では山岳地帯の路線を電化し、シカゴ - ミネアポリス・セントポール間には有名な流線型列車ハイアワサ、大陸横断には重鋼製客車を連ねたオリンピアン、コロンビアンなどの列車が運行された。戦後は流線型のオリンピアン・ハイアワサなどが登場したが、1955年以降はシカゴ - オマハ間の路線をユニオン・パシフィック鉄道の大陸横断列車が使用し、同社単独の大陸横断列車であるオリンピアン・ハイアワサは1961年に運行停止となった。その後、1971年には中・長距離の旅客列車をアムトラックに移管したが、1985年に一部路線を他社に売却し倒産した。なお261号が動態保存されている。

主要な列車[編集]

ハイアワサの名を冠した列車[編集]

  • モーニング・ハイアワサ (シカゴ - ミネアポリス・セントポール)
  • アフタヌーン・ハイアワサ (シカゴ - ミネアポリス・セントポール)
  • オリンピアン・ハイアワサ (シカゴ - シアトル・タコマ) 前身はオリンピアン
  • ノースウッズ・ハイアワサ (シカゴ - ニューリスボン・マニクア)
  • ミッド・ウェスト・ハイアワサ (シカゴ - オマハ・スーシティ)

その他の列車[編集]

  • パイオニアリミテッド (シカゴ - ミネアポリス・セントポール)
  • ファースト・メール (シカゴ - ミネアポリス・セントポール)
  • コロンビアン (シカゴ - シアトル・タコマ)
  • スー (シカゴ - ラピッドシティ)
  • アロー (シカゴ - スーシティ・スーフォールズ)
  • サウスウェストリミテッド (シカゴ - カンザスシティ)

他社からの乗り入れ列車[編集]

関連項目[編集]