アラン・エヴァンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド"アラン"エヴァンス: David "Alan" Evans[1]1949年6月14日 - 1999年4月11日)は、1970年代から1980年代にかけ活躍したイギリスウェールズのプロダーツプレイヤーである。

ダーツのテレビ放送初期における代表的な人物の一人であり、1970年代にはトーナメントで優勝したもある。ダーツ人気が広まった1980年代にエヴァンスのダーツは色褪せ、より名声と成功を収めたエリック・ブリストウジョン・ロウジョッキー・ウィルソンと同じように注目の的となることはなかった。

ダーツキャリア[編集]

エヴァンスはイギリスで放送された最初の試合である1972年News of the World Championshipの決勝戦に残り、テレビ放映されたダーツの試合に登場した一人である。彼は1975年の全英オープンで優勝した。これは、BBCにおいて初めて放映されたダーツの試合である。1973年1974年は、Yorkshire TelevisionIndoor Leagueにおけるダーツの決勝戦まで残った。

1975年に、彼はWinmau World Mastersで優勝した。これは、News of the World Championshipと並ぶもので、1978年に世界選手権が始まる前、ダーツにおいて最も権威のあるタイトルだった。1977年、Darts World Cupが始まったとき、ウェールズチーム(アラン・エヴァンス、レイトン・リースデイヴィッド"ロッキー"ジョーンズ)は、チーム優勝と総合優勝を獲得した。

エヴァンスは、初開催のEmbassy World Championshipにおける参加者だった。彼は、アラン・グレイザーを打ち負かしたが、結果としてこの試合のチャンピオンとなるレイトン・リースに準々決勝で敗れた。1979年の世界選手権において、レイトン・リースは再びエヴァンスに勝利した。今回は準決勝のことだった。

エヴァンスは世界選手権に5回以上出場し、その5回はどれも伝説的なプレイヤーに負けた(1986年1987年の2回はエリック・ブリストウ、1982年1988年はジョッキー・ウィルソン、1983年はジョン・ロウ)。1987年の準決勝を除いて、これらの出場は早い段階のラウンドのことである。とあるスコットランドのツアー中、彼は8回、残り150のとき3本のBullseyeでフィニッシュしたと伝えられている。

公式試合以外[編集]

1977年7月、エヴァンスはイングランドGipsy Hill Stadium (Crystal Palace) において、プロボクサーモハメド・アリエキシビションマッチをした。この試合はハンディキャップが適用され、エヴァンスはトリプルのみが点数となるというものだった。アリは試合に勝つためのBullseyeに見事入れ、彼自身を世界のダーツチャンピオンだと高らかに宣言した。

ウェイルズチームとしてプレイした国際試合のに続いて起こったある出来事の後、エヴァンスは1979年5月に12か月間BDOへの出場禁止となる。

エヴァンスは1999年4月11日に49歳で死去した。彼は常にコメンテイターのシド・ワデルに名を挙げられており、またダーツの試合中残り150でチェックアウトできるとき、しばしばアラン・エヴァンス・ショット(Bullseyeに3本入れることに)のことを思い起こさせる。

注釈[編集]

  1. ^ フルネームはDavid Evansであり、「アラン」はフィル"ザ・パワー"テイラーの"ザ・パワー"と同様にニックネームである。