ジョン・ロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ロウ

ジョン・ロウ (John Lowe "Old Stone Face", 1945年7月21日- ) はイギリスイングランド)のダーツ・プレイヤー。 右投げ。 ダービーシャー出身。 1970年代から1980年代にかけ、特にイギリスにおいて、ダーツを今日ほどまでに巨大な観戦スポーツにした主要ダーツ・プレイヤーの1人。 PDC創立者でもある。

初期[編集]

ロウは、1979年と1987年、そして1993年というように、3つの異なる10年区切りにおいて、ワールド・チャンピオンシップで優勝している。 彼は、ダーツの紳士と見なされていたが、ダーツの人気が向上して間もない頃、結果とカリスマ性においてエリック・ブリストウの背後にいる、まさに2番手の象徴だった。 彼は、ワールド・チャンピオンシップの準決勝や決勝において6度ブリストウと対峙したが、彼が偉大なライバルを初めてなんとか乗り越えたのは、4度目の試み、すなわち1987年の決勝のことである。 彼のメジャー大会での対"Crafty Cockney[1]"戦の記録は、3勝6敗となっている。

ナイン・ダート・フィニッシュ[編集]

ロウは1984年10月13日、ワールド・マッチプレイのトーナメント中、対キース・デラー戦において、全てのダーツプレイヤーが夢見る究極の偉業を達成した。 ナイン・ダート・フィニッシュ[2]を成し得たのである。 これは、ゴルフホール・イン・ワンスヌーカーの147連続得点のMaximum Break、ボウリングパーフェクト・ゲームなどに相当する。 これまで、テレビ中継中、どのダーツプレイヤーも、ナイン・ダート・フィニッシュを成し得たことがなく、このときが初めてのことだった[3]。これにより、ロウは、£102,000を獲得。その後の試合も彼は勝ち続け、このトーナメントのチャンピオンとなったのである。

タイトルとイングランド代表[編集]

3つの世界タイトルはもちろん、ロウは2つのワールド・マスターズ、2つのブリティッシュ・オープン、2つのブリティッシュ・マッチプレイ・チャンピオンシップ、2つのワールド・カップ・シングルズ、そして3つのヨーロピアン・カップ・シングルズ、以上それぞれの各タイトルを、世界中の数えきれない他のタイトル同様、最高に輝かしいキャリアにさらに華を添える形で、これらを取得した。 彼は、100回以上イングランド代表としてプレイし、7年間キャプテンを務めた。 その間、彼のチームは、負けたことがない。

長い選手生命[編集]

ロウの選手生命は、長い。彼は、初開催の1978年から彼の最後の出場となる2004年まで、最高記録の27年連続出場でワールド・チャンピオンシップのテレビ中継された舞台でプレイした。 2008年まで毎年、彼は、ワールド・チャンピオンシップの予選を通過しようと試みたが、初期の予選ラウンドに届かなかった。 この後、セターンタ・スポーツは、2008年のBetFred リーグ・オヴ・レジェンドをテレビ放映したため、ロウはPDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップに参加する資格が無くなり、それで2009年の同大会では予選に参加することさえできなかった。

しかし、彼は未だに現役で、ワールド・ランキングを得るためにヨーロッパ中を旅するエネルギーはないが、4度目のワールド・タイトルを取り、£1,000,000を得たいと話している。

2005年には、プロフェッショナルとして30周年目を祝うダーツの表彰の年を楽しんだ。

また、ブリストウとともに中心となって、ダーツの伝説的人物を集め、レジェンド・ツアー[4]を行っている。

彼は、ワールド・プロフェッショナル・ダート・アソシエイション (後のプロフェッショナル・ダーツ・プレイヤーズ・アソシエイション (PDPA) )の事務局長を務めた。

Old Stoneface[編集]

ニックネイムはダーツで大流行していたが、ロウには彼を上手く表現するものがなかった。 彼の振る舞いや個性の中にあるものを、誰もがうっかり見過ごしていた。 勤勉で落ち着いた名手。 誰かが"Old Stoneface"という異名を思いつき、これらの突出した特徴を用いようとするまでは。 この名は、2005年に出版されたロウの自伝のタイトルにもなっている。

才能はあるものの横柄なブリストウとは大いに異なり、彼は礼儀正しさと試合中のスポーツマンシップにより、信望もあった。 まだ試合中に飲酒を許されていた時、彼はステージ上で他のプレイヤーと大いにアルコールを消費していたものの、ダーツプレイヤーと関わりあいを持つ体重の増加問題とは縁が無かった。 彼は健康に気を使っていたという点において、ダーツ界では珍しい人でもある。

ダーツ外での活躍[編集]

ロウは、"Karen"という名前の女性と結婚し、チェスターフィールドに住んでおり、そこで彼らはスンダーランド A.F.C. (Sunderland A.F.C.)[5]を応援している。

最近では、ジョン・ロウ・ゴルフ・クラシックを開くなど、ゴルフでの活躍も増えている。

脚注[編集]

  1. ^ エリック・ブリストウのこと。
  2. ^ 2つの180、そして141をT17、T18、最後にD18に入れ達成。
  3. ^ ブリストウは、現在も達成していない。
  4. ^ PDCレフェリーである"The Voice"こと、ラス・ブレイが、レフェリーを務めることもある。
  5. ^ この辺りの地域の発音は、busも[bʊs]となり、「ブス」に近い。

外部リンク[編集]