アラン・グレイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・グレイザー (Alan Glazier ("The Ton Machine"), 1939年1月21日-) はイギリスイングランド)のロンドンハンプトン出身の元ダーツプレイヤーである。左利き。全身黒尽くめの服装が特徴だった。

ダーツの人気が高まってきた1970年代、彼はダーツの試合だけで生計を立てようとプロフェッショナルになった最初のダーツプレイヤーの一人である。彼は、1978年に行われた初開催のワールド・プロフェッショナル・ダーツ・チャンピオンシップにも出場した。この時の結果は、第1ラウンドでアラン・エヴァンスに敗退。1979年の同チャンピオンシップでは、トニー・ブラウンに負ける準々決勝まで到達した。それから、彼は不調が続き、1980年、1982年、1983年の同大会では、第1ラウンド敗退となり、1981年においては出場すらできなかった。

彼の同ワールド・チャンピオンシップでの最高の成績は、エリック・ブリストウに負けた準々決勝出場の1985年と、ただ一度だけの準決勝出場となる1986年である(このとき、またしてもエリック・ブリストウに敗北)。彼が最後にLakeside Country Club[1]に登場したのは1987年であり、リッチー・ガードナーに第1ラウンドで敗退した。

ワールド・プロフェッショナル・ダーツ・チャンピオンシップ以外では、1979年に名声あるNews of the World Darts Championshipにおいてなんとか決勝まで残り、1978年のスウェディッシュオープンでは、優勝している。

グレイザーは、ダーツのプロフェッショナルとして、イギリスのテレビ番組Bullseyeに出演し、また1974年から1988年の間に27回イングランド代表となった。

今、グレイザーは、プロフェッショナルとして使ったダーツと同じダーツを流通販売させている[2]。昔は、Winmauによって製造されていたが、最近ではMcKicks Dartsによって作られている。日本でも古くから使われており、さらに最近はソフト・ティップ・ダーツ用も発売され、彼自身や彼のプレイよりも、このダーツ(バレル)の方が知れ渡っている。

注釈[編集]

  1. ^ ここでワールド・プロフェッショナル・ダーツ・チャンピオンシップが行われている。
  2. ^ このダーツのパッケージに載っている写真でも、彼は黒い服を着ている。