アランダスピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アランダスピス
アランダスピス化石
アランダスピス化石
地質時代
オルドビス紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 無顎上綱 Agnatha
: 翼甲目 Pteraspidomorphi
: アランダスピス科 Arandaspida
: アランダスピス属 Arandaspis
学名
Arandaspis

アランダスピス (Arandaspis) は、古生代オルドビス紀中期に生息していた最古の無顎類の仲間。

概要[編集]

1959年にオーストラリアのアリススプリングスにて発見され、アボリジニの「アランダ族(現在はアランテ族)」の名をとって名づけられた。

全体的に滑らかな流線型をしているが、を持たないために(尾部は原始的な鰭とも言えるが)上手に泳ぐことはできなかったと考えられている。

頭部から胴体前半部にかけては骨質の甲羅で覆われている。いわゆる「甲冑魚」のさきがけである。

胸鰭のような対となる鰭(対鰭)を持たないために、水中で体を安定させることができず、海底付近をゆっくり泳いでいたと推測される。また口の位置、形状から海底の泥を丸ごと掬い取り、食物を濾しとるように摂取したと推測されている。