アメリカン航空1420便オーバーラン事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカン航空1420便
American Airlines Flight 1420.jpg
概要
日付 1999年6月1日
原因 天候不良とパイロットのミスによるオーバーラン
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロックリトルロック・ナショナル空港
死者 11
負傷者 110
航空機
機体 マクドネルダグラスMD-82
運用者 Flag of the United States.svgアメリカン航空
機体記号 N215AA
乗客数 139
乗員数 6
生存者 134
テンプレートを表示

アメリカン航空1420便オーバーラン事故(アメリカンこうくう1420びんオーバーランじこ)とは、1999年6月1日にアメリカ合衆国アーカンソー州リトルロックリトルロック・ナショナル空港で発生した航空事故である。

着陸まで[編集]

1999年6月1日22時40分、アメリカン航空1420便(運航機材はマクドネルダグラスMD-82)が、乗員乗客145人を乗せてダラス・フォートワース国際空港を離陸した。 当日、着陸予定であったリトルロック・ナショナル空港は暴風雨が予想されており、アメリカン航空の運行管理は2時間遅れて離陸した1420便に、発生するであろう嵐より先にリトルロック・ナショナル空港に着陸するよう指示した。 飛行距離は比較的短いため「大丈夫だろう」と思われた。 しかし着陸が近づいてくるにつれて嵐が発生、強風と大雨が1420便を襲った。 しだいに機体が揺れ始め操縦が困難になった。 着陸は目前となっていたが、機長は暴風雨が激しくなることに焦っていたようである。

オーバーランまで[編集]

着陸するとき機体は強く滑走路に接地した。 雨のため滑走路は濡れており、1420便は接地直後から滑走路右へ左へとスリップし始めた。 ブレーキが効かないため、速度を落とすことができずに機体は滑走路の外に飛び出し、空港敷地内の進入灯用鉄製プラットフォームに激突し大破、炎上した。 乗客乗員145人の中の11人が亡くなった、その中には鉄製構造物に衝突した際に負傷した機長も含まれていた。

事故原因[編集]

事故原因は、乗務員の操縦ミスと思われる。

  • 空港を離陸するのが2時間近く遅れていた
  • 暴風雨の発生により空港が閉鎖される可能性のため焦りが生じていた
  • リトルロック空港近辺で暴風雨が発生しており滑走路が濡れていた

この3つの要因が操縦ミスを招いたと思われる。適切なブレーキ操作を行わなかったため通常より停止距離がかかる上に、雨で濡れている滑走路で滑って滑走路をオーバーランした。

この事故を扱った作品[編集]

メーデー!:航空機事故の真実と真相の第1シーズン第2話「サンダーストーム」

関連項目[編集]