アミ・ブーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミ・ブーエ
Ami Boué.
人物情報
生誕 1794年3月16日
ハンブルク
死没 1881年11月21日(満87歳没)
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
学問
研究分野 地質学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1847年)
テンプレートを表示

アミ・ブーエ(Ami Boué 、1794年3月16日 - 1881年11月21日)はオーストリア地質学者である。

ハンブルクに生まれた。ハンブルク、ジュネーヴパリで学んだ。医学イギリスエディンバラ大学で学ぶうちに鉱物学地質学教授ロバート・ジェイムソンの影響を受けた。地質学研究のために、スコットランド各地やヘブリディーズ諸島を調査した。学位を取った後パリに移り住んだ。

1820年に Essai geologique sur l'Ecosse(『スコットランドの地質学調査』)を書き、火山岩について多くを記述した。ドイツ、オーストリア、南ヨーロッパ地質調査を行い、フランス地質学会 (Societe Geologique de France) の創立者の一人になり、1835年から会長を務めた。1845年にオーストリアに移り、オーストリアに帰化した。

ウィーンの帝国科学アカデミーでバルカン諸国の地質について発表し、Memoires geologiques et paleontologiques (Paris, 1832) や La Turquie d'Europe; observations sur la geographie, la geologie, l'histoire naturelle, etc. (Paris, 1840) などの著書がある。

1847年、ウォラストン・メダル(ロンドン地質学会)を受賞した。

関連項目[編集]