アピヂャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Apidyaアビヂャ)とは1992年にドイツのカイコ社が開発し、Play byte(現Ubisoft傘下のBlue Byte)からリリースされたAmiga用のコンピュータゲームである。元々人間だったハチを操作するシューティングゲームである。「タリカン」やAmiga版「R-TYPE」の音楽などで名高いドイツのゲーム音楽作曲家Chris Hülsbeckが音楽を担当している。

タイトルはミツバチ科を意味する「Apidae」を日本語読みした「アピジャ」のローマ字表記(apidya)に由来するが、オープニング画面における本作の日本語表記は「アビヂャ」である。オープニング画面には日本語で「アビヂャII」とあり、あたかも「アビヂャ」と言う日本産シューティングの2作目をドイツ語化した作品のような感じにしているが、これは単に『Nemesis II』や『Truxton II』などの日本産のシューティングゲームが当時のドイツで大変な人気があったことにあやかった、製作者のジョークである。ゲームシステムは「グラディウス」に大きな影響を受けており、Apidyaの製作者がかつてAmiga版の移殖に関わった「R-TYPE」によく似たステージも登場する。また製作者は日本産アニメの大ファンでもあったため、『メガタリカン』などと同様にグラフィックがアニメ絵である。

登場人物[編集]

  • イクロー(アピヂャの主役である。ゲーム中はハチになった状態である。)
  • ユリ(女性である。イクロー以外のハチ達に顔を酷くさせられた。)

関連項目[編集]

  • ファクター5 - カイコ社のスピンアウト元で、アビヂャの制作にも協力している。
  • R-TYPE - 日本製のシューティングゲーム。アビヂャの製作者がAmiga版の移植を担当した。