アドワの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドワの戦い
Adua Menelik.jpg
エチオピア軍を率いるメネリク2世
戦争第一次エチオピア戦争
年月日1896年3月1日
場所エチオピアティグレ州アドワ近郊
結果:エチオピアの勝利
交戦勢力
Flag of Ethiopia (1897-1936; 1941-1974).svg エチオピア帝国 イタリア王国の旗 イタリア王国
指揮官
ラス・マコネン オレステ・バラティエリ
戦力
兵力 120,000以上 兵力 14,527
砲 56門
損害
死亡 10,000 死亡 8,000
負傷・捕虜 3,000
現在のアドワ

アドワの戦い(アドワのたたかい)は、1896年3月1日エチオピア軍とイタリア軍がエチオピアのティグレ州アドワ近郊で戦った会戦。この戦いの敗北が、第一次エチオピア戦争におけるイタリアの敗北を決定付けた。

19世紀にアフリカの大部分はヨーロッパの国々により植民地化され、リベリアを除くと独立国はアフリカの角に隣接するエチオピア帝国だけであった。イタリアはこの争奪戦に出遅れ、資源に乏しいエリトリアソマリアを領有するに留まっていた。この2つの植民地の間にあったのがエチオピアであり、更なる植民地拡大のため、エチオピアへの侵略が開始された。両軍はティグレ州で対峙した。

1896年2月に入ると、両軍とも補給に困るようになった。イタリア本国政府の圧力に負け、オレステ・バラティエリ将軍は2月29日の夜に進軍を命じた。しかし、イタリア軍は複雑な地形に手間取り、相互の連絡にも支障をきたした。エチオピア軍を指揮していたラス・マコネンは、イタリア軍の状況を詳細に観察しており、即座に軍に全面攻撃を命じた。朝にはエチオピア皇帝メネリク2世と皇后タイトゥの軍も戦闘に参加した。

イタリア軍はわずか14,527人であったのに対し、エチオピア軍は12万人を越えていたと推測されている。エチオピア軍はイタリア軍を各所で包囲し、撤退するイタリア軍を追撃し続けた。イタリア軍は約11,000人を失い、エチオピア軍は約10,000人を失った。

主力を失ったイタリアは、アディスアベバ条約を締結し、エチオピアの承認を余儀なくされた。敗北の責任はバラティエリに押し付けられ、将軍は罷免された。

この決戦における勝利により、エチオピアは欧州列強による植民地化を回避することができたと評価されている。しかし、一方でエチオピアはこののち列強とともに周辺国を「分割」する立場に回った。このことは、日清日露戦争に勝利した日本が辿った道としばしば比較されることがある。