アタコラ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アタコラ山脈(Atakora Mountains)、またはトーゴ山脈(Togo Mountains)は、アフリカ山脈トーゴを中心に西アフリカを南北に走り、南はガーナギニア湾岸付近からトーゴを縦断し、ベナン北部のアタコラ県周辺を南西から北東に向けて走る。トーゴ国内ではトーゴ山脈、ベナン国内ではアタコラ山脈と呼ばれる。標高自体はさほど高くなく、最高峰は南端に近いトーゴのアグー山(986m)である。トーゴ国内での平均標高は700mほど[1]、ベナン国内では600mほどで、侵食によって平原化が進んでおり、地形はさほど険しくなく低い丘陵が連なる形状になっている[2]。山脈の北端はニジェールにまで達し、W国立公園にその姿を見ることができる[3]。かつてはリカオンが生息していたが、現在では絶滅している。

脚注[編集]

  1. ^ ミリオーネ全世界事典 第11巻 アフリカⅡ p190(学習研究社、1980年11月1日)
  2. ^ ミリオーネ全世界事典 第11巻 アフリカⅡ p201(学習研究社、1980年11月1日)
  3. ^ W National Park of Niger. 2009