アウグスト・クイリヌス・リヴィヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
August Quirinus Rivinus
"Ordo Plantarum"の図版

アウグスト・クイリヌス・リヴィヌス(August Quirinus Rivinius、本姓は Bachmann、1652年12月9日 - 1723年12月20日)はドイツ医師植物学者である。

ライプツィヒで生まれた。父親はライプツィヒ大学哲学医学の教授で、ネオラテン語詩人でもあり、自分の姓をラテン語化して、リヴィヌスと自称した。

アウグスト・クイリヌス・リヴィヌスは哲学と医学をライプツィヒ大学で学んだ後、ヘルムシュテット大学で学び、ライプツィヒで医者を開業し、1677年からライプツィヒ大学で講師を務め、1688年に医学部の教授となった。1891年から病理学植物学の教授になり、大学植物園の園長となった。

リヴィヌスは植物分類学の分野で働いた。花冠の形を分類に用いる分類形式や、論理学者のヨアヒム・ユンギウスとともに植物の命名法を研究した。医学や植物学や天文学に関する多くの研究を行い、それらの研究は1710年に"Dissertatione medicae diversis temporibus habitae, nunc vero in unum fasciculum collectae" として出版された。太陽黒点の研究の結果、晩年は視力を失った。

1703年にロンドン王立協会の会員に選ばれた[1]ヤマゴボウ属のジュズサンゴ(Rivina humilis)の学名は、シャルル・プリュミエによってリヴィヌスに献名された。

主著[編集]

  • Introductio generalis in rem herbariam. Lipsiae Leipzig: Typis Christoph. Güntheri, 1690. [8] + 39 p.
  • Ordo Plantarum qvae sunt Flore Irregulari Monopetalo. Lipsiae: Typis Christoph. Fleischeri, 1690. 22 + [4] p. + 124 tab.
  • Ordo Plantarum qvae sunt Flore Irregulari Tetrapetalo. Lipsiae: Typis Christoph. Fleischeri, 1691. [6] + 20 + [4] p. + 121 tab.
  • Ordo Plantarum qvae sunt Flore Irregulari Pentapetalo. Lipsiae: Typis Joh. Heinrici Richteri, 1699. [6] + 28 + [4] p. + 139 tab.
  • D.A.Q.R. ad celeberrimum virum dominum Johan. Rajum... Epistola Lipsiae: Prostat apud Davidem Fleisherum, 1694. 24 p.
  • Censura medicamentorum officinalium. Lipsiae, J. Fritsch, 1701

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rivinus; August Quirinus (1652 - 1723)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年6月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • Julius Pagel: Rivinus, Augustus Quirinus. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 28, *Duncker & Humblot, Leipzig 1889, S. 708.
  • Rivinus, August Qvirinus. In: Zedlers Universal-Lexicon, Band 31, Leipzig 1742, Spalte 1855–1859.
  • Rudolf Vierhaus: Deutsche biographische Enzyklopädie. (DBE) (GoogleBooks Leseprobe)
  • Christian Gottlieb Jöcher, Johann Christoph Adelung,Otto Günther: Allgemeines Gelehrten-Lexicon. 1897, 2. Bd., S. 101 (GoogleBooks) einsehbar mit US-Proxy
  • Konrad Krause: Alma mater Lipsiensis: Geschichte der Universität Leipzig von 1409 bis zur * Gegenwart. Leipziger Universitätsverlag, 2003, ISBN 978-3-936522-65-5, S. 82 (GoogleBooks Leseprobe)