アイスブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイスブレイクとは、初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法。集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるよう働きかける技術を指す。

アイスブレイクは自己紹介をしたり、簡単なゲームをしたりすることが多く、いくつかのワークやゲームの活動時間全体を指すこともある。「コミュニティビルディング(community building)」や「アイスブレイキング(ice breaking)」とも呼ばれている。 「アイスブレイク」という用語は、参加者の不安や緊張を氷にたとえ、その「硬い氷をこわす、溶かす」という意味を持っている。アイスブレイクを行うことで、心をやわらかくし、和やかな雰囲気づくりをすることが基本であり、初対面の場面に限らず、会議などの場で議論が活発になる手助けもしてくれる。いわばスポーツにおける柔軟体操のようなもので、話し合うきっかけを作るちょっとした準備運動と捉えるとわかりやすい。

アイスブレイクが使える場[編集]

見知らぬ人が集まる様々な場所で使える。すでに顔見知り、またはある程度話をしたことがある人同士でも有効。会議等の始まりに、硬い場を和らげる効果がある。 例として、次のような場面で使うことができる。

  • 教育の場 - 授業、講義、HR、新入生オリエンテーション、体験学習、保護者会など
  • 仕事の場 - 会議、新入社員研修、社員研修、管理職研修、チームミーティングなど
  • 市民活動の場 - 市民講座、ワークショップ、地域の集まり、子育て支援行事など
  • 娯楽の場 - 歓迎会、お見合いパーティ、合コンなど

アイスブレイクは開始時に行うことがほとんどだが、途中に挿し込むこともある。場を仕切り直したい時や、疲れてきた時にも行うことが可能である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]