ばんえい十勝オッズパーク杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ばんえい十勝オッズパーク杯
開催地 帯広競馬場
格付け BG2
1着賞金 70万円
距離 直線200m
出走条件 ばんえい4歳以上選抜[1]
負担重量 別定3、オープン馬720kg
第1回施行日 2007年4月30日
テンプレートを表示

ばんえい十勝オッズパーク杯(ばんえいとかちオッズパークはい)は、帯広市帯広競馬場で開催するばんえい競馬の重賞競走である。

概要[編集]

新年度最初に行われ、開幕を飾る重賞競走として2007年度より新設された。冬季に長期休催していた以前のばんえい競馬では新年度最初の重賞競走が5月下旬-6月上旬と遅く、4月は特別競走しか編成されていなかったが、通年開催の実施に伴い開幕直後の4月にも重賞競走を施行するようになった。

出走する馬の選抜基準は、他の競走とは異なり「前年度の収得賞金順」となっている[1]

企業名を冠したばんえい競馬の重賞競走は、2014年度現在本競走のみとなっている(サブタイトルは除く)。過去には「ホクレン賞」[注 1]という名称の重賞競走も行われていたが、2006年度(2007年)を最後に廃止された[2]

第8回(2014年)終了時点の最多優勝はカネサブラックで、創設からの3連覇を含む4勝を挙げている。

2014年の賞金総額は105万円。1着賞金は70万円で、以下2着17万5000円、3着8万4000円、4着5万6000円、5着3万5000円。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 開催地 天候 馬場
水分
優勝馬 性齢 ばんえい
重量
タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 2007年4月30日 帯広 0.7% カネサブラック 牡5 740 2:31.7 鈴木勝堤 村上慎一
第2回 2008年4月27日 帯広 5.4% カネサブラック 牡6 720 1:32.5 松田道明 松井浩文
第3回 2009年4月26日 帯広 8.8% カネサブラック 牡7 720 1:13.1 松田道明 松井浩文
第4回 2010年4月25日 帯広 1.3% ナカゼンスピード 牡7 690 1:50.3 藤野俊一 岩本利春
第5回 2011年4月17日 帯広 2.6% カネサブラック 牡9 720 1:45.3 松田道明 松井浩文
第6回 2012年4月29日 帯広 2.4% ホッカイヒカル 牡8 710 1:58.2 阿部武臣 坂本東一
第7回 2013年4月28日 帯広 2.0% キタノタイショウ 牡7 720 2:09.5 大河原和雄 服部義幸
第8回 2014年4月27日 帯広 0.8% キタノタイショウ 牡8 720 1:53:2 大河原和雄 服部義幸

脚注[編集]

  1. ^ 2歳馬(年明けの場合は3歳馬)限定重賞競走。ヤングクラウンズカップ(現:ヤングチャンピオンシップ)が重賞に格上げされる前に廃止されている。

出典[編集]

各回競走結果の出典[編集]