お好みサンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

お好みサンド』(おこのみさんど、原題:Penthouse Mouse)はトムとジェリーの短編作品の一つ。1963年7月27日公開。制作はチャック・ジョーンズ(Chuck Jones)。

スタッフ[編集]

  • 製作・監督  チャック・ジョーンズ
  • 作画  ケン・ハリス トム・レイ ディック・トンプソン ベン・ワーシャム 
  • 脚本  チャック・ジョーンズ マイケル・マルティーズ
  • 背景  フィリップ・デガード
  • 音楽  ユージン・ポッダニー

作品内容[編集]

大都会。トムは高級マンションでセレブ生活を満喫している。一方地上では、ガリガリに痩せこけ、目も落ち窪んだジェリーが食べ物を求めて彷徨っていた。そして、工事現場を覗き込んだジェリーは鉄骨の上にランチボックスが載せられている事に気づく。中身を失敬しようともぐりこみ、サンドイッチに食らい付くジェリー。

一方、そんな事とはお構いなしに、ランチボックスが乗っていた鉄骨がクレーンで吊り上げられていく。吊りあがるにつれ斜めに傾いた鉄骨から弁当箱が滑り落ち、底まで抜けて中身のバターつき食パンやレタスがバラバラ落下していく。一方、工事現場の隣のマンションのテラスで、デッキチェアに寝そべっていたトムは、上空から落ちてくるパンやレタス、そしてジェリーに大喜び。

次々に受け止め、特製ネズミサンドとしゃれ込むが・・・当然ジェリーがおとなしく食われるはずも無く、ドタバタが始まる。 マンションの雨どいに飛び込み、地上へ逃れようとするジェリー。しかし勢い余って工事現場まで滑り込んでしまう。その先には巨大な杭打ち機がうなっていて、怖くなったジェリーは工事現場を引き返してトムの元へ戻り、またしてもドタバタが始まった。

そのうちにトムはポールの上にいるジェリーを捕まえようとして、ポールごと工事現場に落ちて行ってしまい、巨大な杭打ち機に潰されそうになるがどうにか避けるが、トムの目線の先には「国際名犬コンクール」と書かれたイベント会場があった・・・。

備考

チャック・ジョーンズの1作目。

最後のエンドクレジットは、THE ENDという文字が、 四角ぐらいに、固くなっている。

日本でのテレビ放映[編集]

1980年頃、日本テレビ系「木曜スペシャルおかしなおかしな トムとジェリー 大行進」の枠内で放映され、その後も再放送された。DVDにも収録。

関連項目[編集]