魔術師ネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魔術師ネズミ』(まじゅつしねずみ、原題:Haunted Mouse)はトムとジェリーの短編作品の一つ。1965年製作。制作はチャック・ジョーンズ(Chuck Jones)。

作品内容[編集]

夕暮れの街を、一匹のネズミが歩いてくる。マントをはおりシルクハットを被り杖を持ったそのネズミは、魔術使いだった。ジェリーのもとへ客としてやってきた彼は、入り口の前で待ち構えるトムを魔術で難なく浮かせると、早速壁の穴の中へ。脱いだマントや手袋、帽子が生き物のように歩んで自分から帽子掛けに収まる様子を、ジェリーは面白く眺める。魔術使いをもてなすために台所へ行き、秘密のエレベーターを使って冷蔵庫に忍び込んだジェリーだったが、ラディッシュオリーブをあさっているうちに、覗き込んだトムの鼻をうっかりもいでしまう。

こうしてまたドタバタが始まり、穴の中へ逃れるジェリー。しつこいトムは穴の中に腕を入れ、ネズミを一匹捕まえる。しかしそれはジェリーではなく、魔術師だった。魔術師ネズミは少しも動じることなく、トムに催眠術をかけ、さらに体の中に入り込む。

魔術によって、今までトムに食われたネズミに小鳥、そして金魚までもが生き返り・・・

備考

作品の最後に、ジェリーと ジェリーの おじさんが、帽子から出したおしまいの文字は、世界言葉で、 変えられていく。

日本でのテレビ放映[編集]

1980年頃、日本テレビ系「木曜スペシャルおかしなおかしな トムとジェリー 大行進」の枠内で放映され、その後も再放送された。DVDにも収録。

関連項目[編集]