えのころ飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

えのころ飯(えのころめし)とは薩摩地方江戸時代ごろに食されていたとされる料理。内臓を抜いた仔犬の腹に米を詰めたもの。また家畜の腹に米などを詰め蒸し焼きにする手法については、ハワイ名物のカルア・ピッグ(祝祭に用いられる豚の丸焼き)など南太平洋の島々にも類似の料理があるため、こうした調理法が伝播したという可能性が指摘されている。[要出典]大田南畝の『一話一言補遺』に「薩摩にて狗を食する事」として、以下のように紹介されている。

薩摩にては、狗の子をとらへて腹を裂き、(中略)、米をかしぎて腹内へ入納、針金にて堅くくくりをして其まま竃の焚火に押入焼なり、(中略)、納置きたる米よくむして飯となり、其色黄赤なり、それをそは切料理にて、汁をかけて食す、味甚美なりとぞ、是を方言にはゑのころ飯といふよし、高貴の人食するのみならず、 薩摩候へも進む(後略)

日本においても一種の薬食いとして、赤犬などの犬肉は食べられていた。愛知県などでは戦後もしばらくの間、消耗性疾患などの栄養補給を目的として行商などによって販売されていた。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]