うお座・くじら座超銀河団Complex

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

うお座・くじら座超銀河団Complex(Pisces-Cetus Supercluster Complex)[注 1]は、超銀河団銀河フィラメントの複合体で、おとめ座超銀河団を含む(おとめ座超銀河団の中には、銀河系を含む局部銀河群が含まれる)[1]

ハワイ大学の天文学者ブレント・タリーが1987年に発見した[2]

構造[編集]

うお座・くじら座超銀河団Complexは、長さ約10億光年、幅約1.5億光年と推定されている。当時発見されていた宇宙の大規模構造のうち最大のものの1つであったが、その後に長さ13.7億光年のスローン・グレートウォールが発見され、更に長さ40億光年のU1.27、長さ100億光年のヘルクレス座・かんむり座グレートウォールが発見された。

この複合体は、約60個の銀河団から構成され、合計の質量は、太陽質量の1018倍になると推定される[3]

発見者によると、この複合体は、5つのパーツに分けられる。

  1. うお座・くじら座超銀河団
  2. ペルセウス座・ペガスス座鎖(ペルセウス座・うお座超銀河団を含む)
  3. ペルセウス座・うお座鎖
  4. ちょうこくしつ座領域(ちょうこくしつ座超銀河団ヘルクレス座超銀河団を含む)
  5. おとめ座・うみへび座・ケンタウルス座超銀河団(おとめ座超銀河団、うみへび座・ケンタウルス座超銀河団を含む)

銀河系の含まれるおとめ座超銀河団の質量は約1015太陽質量で、全体の0.1%にしかならない。

地図[編集]

Nearsc.gif

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Supercluster Complexの正式な和訳語が存在しないため、「超銀河団Complex」と訳す

出典[編集]

  1. ^ Tully, R. B. (1986-04-01). "Alignment of clusters and galaxies on scales up to 0.1 C". The Astrophysical Journal 303: 25–38. Bibcode:1986ApJ...303...25T. doi:10.1086/164049. Retrieved 2011-05-03. 
  2. ^ John Noble Wilford (1987年11月10日). “Massive Clusters of Galaxies Defy Concepts of the Universe”. New York Times. http://www.nytimes.com/1987/11/10/science/massive-clusters-of-galaxies-defy-concepts-of-the-universe.html?pagewanted=all 
  3. ^ Tully, R. Brent (1987-12-01). "More about clustering on a scale of 0.1 C". The Astrophysical Journal 323: 1–18. Bibcode:1987ApJ...323....1T. doi:10.1086/165803. Retrieved 2011-05-03.