ペルセウス座・うお座超銀河団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近傍宇宙の大規模構造マップ(超銀河座標)。

ペルセウス座・うお座超銀河団(ペルセウスざ・うおざちょうぎんがだん、英: Perseus-Pisces Supercluster)は、現在知られている、最大の宇宙の大規模構造の一つ(超銀河団)である。2.5 億光年の距離にありながら、この銀河団のチェーンは、北天の冬空で 40°以上の広がり持つ。ペルセウス座・うお座超銀河団は、近傍の宇宙(3 億光年以内)において、 局部超銀河団(おとめ座超銀河団の別名)の両サイドに位置する、2つの支配的な銀河の密集域の一つであり、銀河系の銀河面の近くに見える。

ペルセウス座・うお座超銀河団を構成する主な銀河団は、 Abell 262Abell 347 および Abell 426 である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]