身毛広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
身毛広
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 牟宜都比呂
主君 天武天皇
氏族 身毛君(牟義都国造
テンプレートを表示

身毛 広(むげつ の ひろ)は、飛鳥時代の人物。牟宜都比呂とも書く。は君。壬申の乱の大海人皇子(天武天皇)方の功臣。

出自[編集]

身毛氏(牟義公・身毛君・身毛都君)は美濃国の地方豪族で、牟義都国造家とされる。身毛(牟義)は美濃国の武芸郡(むげのこおり、後の武儀郡)を指す[1]。また『日本書紀』は身毛氏は景行天皇の子である大碓皇子の後裔であるという[2]

経歴[編集]

壬申の乱(672年)において大海人皇子が挙兵を決断した際、広は吉野にいた皇子のそばにおり、舎人として仕えていた[3]。美濃には皇子の湯沐邑があり、広が舎人になったのもその縁ではないかという学者もいる[4]

皇子自身が行動をおこす2日前、6月22日に、身毛広は村国男依和珥部君手と3人で美濃国に先行するよう命じられた。彼らの任務は、安八磨評[5](後の安八郡)の湯沐令多品治に連絡し、まずこの評を挙兵させることであった。彼らは無事にその任を果たし、美濃の兵3千が大海人皇子のために不破道を塞いだ。このおかげで大海人皇子は東国の兵力を集めることができた。

その後の広の活躍は不明だが、乱の後、80戸の封戸を与えられた[6]。『日本書紀』は12月4日に勲功ある人を選んで冠位を増し、小山位以上をあたえたと記すので、広もこれと同じかそれ以上の位を受けたと思われる。

その後の身毛広については記録がない。

脚注[編集]

  1. ^ 井上光貞「壬申の乱」470頁。遠山美都男『壬申の乱』94頁。
  2. ^ 『日本書紀』景行天皇40年条、『古事記』景行天皇段。
  3. ^ 『日本書紀』に身毛広が舎人であるとは明記されないが、皇子に直接従って壬申の乱で活躍した他の人物が舎人であることから、諸学者が一致して舎人と推定する。
  4. ^ 北山茂夫『壬申の内乱』31頁。遠山美都男『壬申の乱』94頁。
  5. ^ 『日本書紀』には安八磨郡。
  6. ^ 続日本紀』大宝元年7月21日条

参考文献[編集]

  • 井上光貞「壬申の乱 とくに地方豪族の動向について」、『日本古代国家の研究』、岩波書店、1965年。
  • 北山茂夫『壬申の内乱』、岩波書店(岩波新書)、1978年。
  • 遠山美都男『壬申の乱 天皇誕生の神話と史実』、中央公論社(中央新書)、1996年。