Ambox humor.svg

Wikipedia:削除された悪ふざけとナンセンス/壱岐坐辺天伊夜神社

ナビゲーションに移動 検索に移動

壱岐坐辺天伊夜神社
所在地 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触682
主祭神 辺天伊夜大神
社格 郷社
本殿の様式 流造
例祭 1月15日
主な神事 かかし祭り
嵐鎮祭
テンプレートを表示

壱岐坐辺天伊夜神社(いきにますへていやじんじゃ)は、長崎県壱岐市にある神社である。旧社格郷社

祭神[編集]

辺天伊夜大神(へていやのおおかみ)を主祭神とし、級長戸辺神(しなとべのかみ)を相殿に祀る。

辺天伊夜神については、『壱岐国風土記』逸文で、小舟に乗って小さな神が壱岐島に着いたが、その神の名を知る神は誰もおらず、ただ辺天伊夜神だけが「その神は神産巣日神の子の少彦名神である」と名を明かしたというくだりがある。類似の説話が日本神話の中にもあり(大国主の国づくり)、辺天伊夜神は天下のことは何でも知っているという久延毘古神と同一視され、知識・知恵・学問の神として、また久延毘古がかかしであることから農耕の神として信仰されている。

相殿の級長戸辺神は風神であり、この神社ではを鎮める神として祀られている。

歴史[編集]

創建の年代は不明である。鎌倉時代元寇により壱岐島が元軍に占領されたとき、社殿ほか全て破壊された。江戸時代平戸藩を治める平戸松浦氏によって再興され、近隣の住民の信仰の中心となった。