Wikipedia:ウィキペディアの日

ナビゲーションに移動 検索に移動

1月15日は、ウィキペディアン達の間で「ウィキペディアの日」として知られています。2001年のこの日、ウィキペディアはヌーペディア上での5日間の公開を終え、独自のプロジェクトとしての公開を始めました。

2周年を迎えた2003年1月15日には各国語のウィキペディアンが、ここまでウィキペディアを導いてきた協力精神をもってウィキペディア誕生の日を祝い、ウィキペディア英語版のメインページを新たにデザインし直しました。

ウィキペディアは10万の記事を作ることが当初の目標で、当時の関係者はこれに5年以上かかるかもしれないと考えていました。しかし「GNUフリー・ドキュメンテーション・ライセンス」がもたらした自由、そして中立性を保つという方針が世界最大の百科事典を作るという目標と組み合わさり、このプロジェクトは予想を越えるペースで成長を遂げました。世界中の数百人の明るく熱烈なボランティアによる24時間365日の編集で、英語版ウィキペディアの記事数は始まったその年内に2万を超えるまでになり、2年目には世界最大のウィキ、および世界最大のフリー百科辞典として、英語版のみでも約8万の記事の追加がありました。

多くの人達が、このプロジェクトは失敗するだろうと言っていました。「誰もが望む時に書き込める? そんな方法で百科事がを作れるなんて馬鹿げている。おまえらは失敗するに決まっているぞ!」と。しかしながら、彼らの考えが間違っていることは次第に明白になりつつあります。世界で最良の百科事典を築き続け、ウィキペディアの日を祝福しましょう!

タイムマシーン[編集]

インターネット・アーカイブには、初期からの多くのウィキペディアのページのコピーが保管されています。ここには、記録された最も古いものがあります: (2001年3月30日)

祝賀[編集]

ウィキペディアの日には、何か新しい記事を書いて祝福してみてはいかがでしょうか。「Wikipedia:記事を執筆する」をぜひ参考にしてみてください。

関連項目[編集]