Wikipedia:ガジェット/提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Filing cabinet icon.svg

このページの節に {{Section resolved|1=~~~~}} を置くと、7 日後に SpBot がその節を過去ログ化します。


エラーとなる編集の通知[編集]

Wikipedia:編集フィルター/提案/ログ/2017年#エラーとなる編集の通知より参りました。「投稿ボタンやプレビューボタン押下のタイミングで、今回の編集で新たにエラーとなってしまう編集を行った場合(対象は、Category:テンプレート呼び出しで引数が重複しているページCategory:参照エラーのあるページCategory:テンプレート呼び出しエラーのあるページ/調査中/Cite web (冗長日付)Category:貼り付け日が正しくないテンプレートのある記事Category:出典テンプレートの無効なパラメータを使用しているページ‎にカテゴライズされるような編集)」という場合にエラーとする事を提案します。以上、宜しく御願い致します。--JapaneseA会話) 2017年12月8日 (金) 07:16 (UTC)

コメント 即席で作ってみましたがこんな感じになるでしょうか。方向性には賛成できるのですが、(この案で)実装となると、編集開始時(現在の版のカテゴリを取得するため)・投稿ボタン押下時(編集内容のパースのため)の最低2回APIを実行することになってしまうのでコストが高いような気がします。(その前に)一月以上経ってもコメントがないのは周知不足だと思いますので、コメント依頼お知らせに書いて広く意見を集めないと実現は難しいと思います。--Waiesu会話) 2018年1月23日 (火) 13:23 (UTC)
ありがとうございます。さしあたってWikipedia:お知らせに記載しました。--JapaneseA会話) 2018年1月23日 (火) 13:34 (UTC)
コメント お知らせから来ました。提案の方向性については賛成です。ただ、先行議論の流れからして、デフォルトでONにするとWaiesu氏の指摘通り、(OFFに変更した利用者の編集を除く)すべての編集に対して、最低2回のAPI実行となると、確かにコストが高いような気もします。。。--翼のない堕天使会話) 2018年1月23日 (火) 15:25 (UTC)

Lintエラーの修正を補助するガジェット[編集]

Wikipedia:井戸端/subj/RemexHTML移行に関する合意形成で話し合われている通り、来たる7月5日にRemexHTML移行が行われるようです。この移行の際にLintエラーが問題になり、移行を告知する場合は、多くの人がLintエラーの存在を知ることになると思います。しかし現在デフォルトでは、このLintエラーは、Special:LintErrorsから一覧を表示するか、ページ情報からエラー種別と数を知ることしかできません。そこで「現在そのページにどのようなLintエラーがあるか」「編集中のWikiテキストにLintエラーが含まれているか」「Lintエラーがどのように発生したか(テンプレート経由のLintエラーに対処するために、テンプレートを展開してLintエラーを表示する)」を知るためのガジェットを提案します。 拙作で利用者:MawaruNeko/ShowPageLintError.jsを作成していますので、(デザイン以外を)参考にしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。--MawaruNeko会話) 2018年6月22日 (金) 17:56 (UTC)

グループ化された脚注の文字色を変更するガジェット[編集]

脚注の部分を編集したいことがある時なのですが、脚注がグループ化されてしまっている場合だと脚注の本体がどこにあるのかが分からず、ソースにおけるすべての脚注の箇所を探して回らなければ編集できないということが多々あり、とても不都合に感じてしまっています。具体的には<ref></ref>タグによる脚注複数箇所に表示させる場合、表示結果は同じ[1]でも、ソースは(例)<ref name=jawp>[https://ja.wikipedia.org/wiki/ ウィキペディア]</ref>と<ref name=jawp/>のように、どこに本体の文章が書き込まれているのか分からず、手直しなどの際に非常に不便になってしまうように感じています。こういった場合に対応するために、本体の文章が書き込まれている場所のリンクのみについて、文字色を異なるものに変更する(例えば[1]みたいな感じ)ようなガジェットを作成して頂くといったことは可能なのでしょうか。できれば色彩は複数の選択肢の中から選択できるようなのが便利かなとは思うのですが、難しいようでしたら1通りのみでも構いません。 具体的には、

  • 本文にある脚注のリンク記号を、本体の文章が入力されている箇所について(複数あれば全て)異なる文字色で表示させる。
  • <references />または{{Reflist}}における脚注のリストからのリンク(a b c d)についても、同様に本体の文章が入力されている箇所については異なる文字色で表示させる(a b c d

こういったガジェットを作成して頂くことは可能でしょうか。ガジェットについてはあまり知識はないため難しいことは言えず申し訳ないのですが、可能かどうかについても含めてご検討頂けましたら幸いです。--Miraburu会話 / 投稿記録 2018年7月5日 (木) 13:39 (UTC)