Wikipedia‐ノート:著作権で保護されている文章等の引用に関する方針

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページは一度削除が検討されました。削除についての議論はWikipedia:削除依頼/Wikipedia:引用のガイドライン/草案をご覧ください。

この草案に関する議論が進行していた他のノートページ[編集]

引用の定義から次の文は引用に当たるか[編集]

「引用」 "citation"の意味がどう理解されているか知るために皆様の感じるところをお教えください。

質問 1. 引用の定義からして次の一文は、Oscar Wildeの述べたことについて「引用」しているといっていいでしょうか? This attitude to art and life was expressed by Oscar Wilde, who stated that a truth loses its intellectual value by the time it turns into a fact. (Oscar Wilde. "A Few Maxims For The Instruction Of The Over-Educated". First published anonymously in the Saturday Review of 17 November 1894.)

質問 2. Citationの定義からして上の一文は、Osacar Wildeの述べたことについてCitateしているといっていいでしょうか?

質問 3. 引用の定義からして次の一文は、Ritter, Ron. The Oxford Style Manual. Oxford University Press, 2002, p. 1. について引用しているといってよいでしょうか? A citation, or reference, is a line of text that uniquely identifies a source: Ritter, Ron. The Oxford Style Manual. Oxford University Press, 2002, p. 1.

質問 4. Citationの定義からして上の一文は、Ritter, Ron. The Oxford Style Manual. Oxford University Press, 2002, p. 1. についてCitateしているといってよいでしょうか?

--Kanehiro会話) 2012年10月15日 (月) 02:41 (UTC)

「Wikipedia:出典を明記する」引用関連の文言修正[編集]

引用関連の言及について「Wikipedia:出典を明記する」(ガイドライン)の文言修正を行いました(議論経過は「Wikipedia‐ノート:出典を明記する/引用関連」を参照してください)。--ディー・エム会話) 2012年10月30日 (火) 15:37 (UTC)

改名提案[編集]

この文書のタイトルを「Wikipedia:著作権で保護されている文章等の引用に関する方針」に改名することを提案します。ご意見を頂ければ幸いです。--ZCU会話) 2015年3月23日 (月) 12:03 (UTC)

反対がありませんので、改名を実行しました。主要な頁からのリンクも修正しました。--ZCU会話) 2015年4月5日 (日) 16:00 (UTC)

公式方針またはテスト方針化の提案[編集]

この文書について{{私論}}を除去し、{{Testingpolicy}}または{{Policy}}化することを提案します。ご意見を頂ければ幸いです。--ZCU会話) 2015年3月23日 (月) 12:03 (UTC)

コメント もし方針とする場合は「ウィキメディア財団の方針」節は省くほうが良いと思います。
「content which is under a Free Content License」(Wmf:Resolution:Licensing policy#Resolution-1)でないファイルのアップロードが可能なのはファイル名前空間のみですから、対象をテキスト編集の扱いに絞るのであれば(非フリーなテキスト著作物を画像or音声ファイル化して投稿することは技術的には不可能ではないですが)現実的な想定としては考慮から省いて良いと思います。--ディー・エム会話) 2015年3月27日 (金) 15:03 (UTC)
コメント ウィキメディア財団の当該方針は、非フリーコンテンツの受け入れは米国と主受信国(日本)の著作権法に基づくべきことや、minimum条件とすること等、重要な指針を与えてくれており、本方針もその影響を受けているので省略はできないと思います。たとえ当該方針がメディアファイルのみを扱う方針であるとしても、ウィキペディア日本語版コミュニティの合意として、テキストに準用することは問題ないと思います。いかがでしょうか。--ZCU会話) 2015年4月3日 (金) 14:50 (UTC)
返信 利用規約よりルーズなルール(テキスト投稿物へのEDP適用)を日本語版が独自に採用することはできないと思いますので、テキストコンテンツに対して字義どおりの「準用」と受け取られかねない記述のままだとまずいと思います。そのあたりの誤解を生まないよう表現上の配慮が十分であれば、参考として言及する分には問題はないと思います。
取り急ぎ必要最小限に修正してみました([1])。もう少し丁寧に練り直すとすれば、「利用規約#概要」や「#13. 論争と管轄権」への言及をメインに据える方が本方針との直接的な関係という意味ではベターかと思います。--ディー・エム会話) 2015年4月4日 (土) 05:07 (UTC)
コメント ありがとうございます。ディー・エムさんがおっしゃることが理解できましたので、当初のご提案どおり、「ウィキメディア財団の方針」節を省くことを試みます。当該節を除去する代わりに、同じ場所に、日米の法令に従うことを述べつつ、その理由として財団決議を参照するような主旨の文章を新設することにします。文案を作成しますので、少々お待ちください。一方でディー・エムさんの暫定修正により、ご指摘の問題は一応の解消をみているかと思いますので、とりあえず{{Testingpolicy}}に移行します。--ZCU会話) 2015年4月5日 (日) 16:00 (UTC)
コメント 「ウィキメディア財団の方針」節は削除し、従うべき法律の話に改めました。相変わらず財団の方針は参照していますが、あくまでも参考資料としての扱いです。--ZCU会話) 2015年4月10日 (金) 15:41 (UTC)
コメント {{Policy}}化でもよさそうな気もしますが、まずは{{Testingpolicy}}に移行していいのではないかと感じました。提案中にちょっとはじめに辺りが気になったので手を入れてしまいました。提案の妨げになるようなら差し戻しください。--toto-tarou会話) 2015年3月28日 (土) 00:12 (UTC)
コメント ご提案のとおり、{{Testingpolicy}}への移行とします。また、編集についてもありがとうございます。問題ありません。--ZCU会話) 2015年4月3日 (金) 14:50 (UTC)

テスト方針化しました[編集]

本方針を{{Testingpolicy}}化しました。実際に運用してみた結果を受けて、引き続き修正をしていくこととさせてください。検討が始まったのが2005年夏頃だと思いますので、もうすぐ10年ですね。議論や編集に参加していただいた方には感謝申し上げます。--ZCU会話) 2015年4月10日 (金) 15:41 (UTC)

返信考慮すべき法律」節の修正ありがとうございます。日米両国著作権法の内容へと続く説明の流れも非常にわかりやすいと思います。文書全体としての本筋の内容については従来の内容に異論はありません。
実運用面では当初より他の各種方針・ガイドラインや個別の削除案件の審議などで参照されるなど、私論の粋を超えて方針文書に準じた位置づけが既に定着しているように思いますので、実態に合わせる意味でも当文書の方針化には賛成です。--ディー・エム会話) 2015年4月12日 (日) 05:23 (UTC)

テキスト情報を含む非テキストファイル投稿との整合性などについて[編集]

上記「#公式方針またはテスト方針化の提案」節に関連した問題提起として、気づいた点を以下に書き留めます。ただし現時点で具体的な案件が発生しているというわけではなく、あくまで万が一のケーススタディ程度の意味合いですので、今回の方針化にあたっての検討事項に含める必要性は低いと思います。

テキスト著作物の画像ファイル化によるアップロード
著作権保護されたテキスト著作物をJPGなどの画像ファイルに加工してファイル名前空間にアップロードする行為について
  1. 理論上は、テキストファイルをJPGなどの画像ファイルに変換すれば、CC-BY-SA以外のライセンス付与による投稿もシステム上は可能。
  2. ただし仮にそれを画像ファイルとみなしたとしても受け入れにはEDPの作成が必要条件であり、日本語版では現在、屋外美術以外は非フリーライセンスでの投稿を受け入れていないため、即時削除。
  3. 仮にそれ以外のEDPが作成されたとしても(そのような解釈が行われたとしても)、たとえ技術的なファイル形式が画像ファイルであったとしても(投稿場所がファイル名前空間であったとしても)中身の表現方法ががテキストであるかぎりはCC-BY-SA以外での投稿は利用規約違反(「wmf: Terms of Use/ja#7. コンテンツの利用許諾」c項)とみなされるため即時削除。
テキスト著作物の音声化によるアップロード
著作権保護されたテキスト著作物を音声化してファイル名前空間にアップロードする行為について
  1. ウィキペディア内での扱いについては、画像ファイル化する場合と大筋は同じと思われる。
  2. ただし、単純に文字を画像化する場合と異なり、テキスト著作物の音声化は単なる複製とはいえない可能性があるため、著作権法の見地からは扱いが異なるかも。
  3. これについては引用だけに限定される問題ではないため、おそらく検討するとすれば別途、包括的な議論に委ねるのが妥当。現時点では音声コンテンツの投稿・利用のニーズ自体が高くないと思われ、具体的事例が発生している状況でもないので問題の緊急性は無し。
テキスト著作物が軽微に映り込んだ屋外美術の画像を用いたテキスト引用
テキスト著作物が軽微に映り込んだ屋外美術の画像を記事に掲示し、当該テキスト部分を記事内で引用するケース(写り込んだテキストの内容に対して解説が加えられるケース)について
  1. この問題の前提として、著作権保護された屋外美術の画像は「Wikipedia:屋外美術を被写体とする写真の利用方針」に基づき、フリーライセンスの付与無しでアップロード可能。現在の日本語版では、おそらくこれが唯一のEDP
  2. 著作権保護された当該テキストの写り込みの程度が著作権法(30条の二)で許容される範囲であれば法的問題は回避できるとして、ウィキペディアの利用規約・方針との整合性はどうか?もし仮に、著作権法30条の二の映り込みによる著作権制限に対してもEDPが必要ということになった場合、画像の映り込みに対しては新規EDP作成で回避できるものの、テキスト著作物の映り込みに対しては利用規約(「「7. コンテンツの利用許諾」c項)との衝突が生じうる。この問題自体は引用よりむしろ、屋外美術の画像全般の問題(屋外美術は方針上、非フリーライセンスでの投稿が必須のため、解釈によっては、非フリーの画像内に含まれる形で非フリーライセンスのテキストを投稿している状態が形式上発生しうるという問題)。
  3. 仮に上記の映りこみ問題はセーフとみなしたとしても、写り込んだテキストを引用する利用形態についてはやや難あり。たとえば、著作権が保護されている記念碑などの画像を表示する際に、画像と一緒に写り込んだテキストの内容にも言及した解説が添えられている場合、最初から引用目的で画像投稿されたのであれば(表示している記事の方は32条2項の引用でセーフとしても)画像ファイルの方が著作権法とウィキペディア規約の双方に抵触する可能性あり?他方、画像投稿とは別個の編集行為で当該画像(内に映り込んだテキスト部分)を記事内の説明と結びつけて参照しているだけであれば画像ファイル側は付随対象物の映り込み(同法30条の二)・記事側は適法なテキスト引用(同法32条1項)とみなせば双方セーフ?

現時点で具体的な結論を急ぎ求める提案事項ではありませんので、メモ書きレベルでちゃんと整理できていない感じですがご容赦ください。すみません。--ディー・エム会話) 2015年4月12日 (日) 05:23 (UTC)

正規の「方針」にすることを提案します[編集]

現在この文書にはTemplate:Testingpolicyが貼られており、Category:試験段階の草案に分類されており、方針として運用しながら問題点を解消するとされています。しかし、Category:ウィキペディアの方針に属する正規の方針でも、運用しながら問題点を解消していくものであり、「試験段階の草案」と「ウィキペディアの方針」の間には何ら違いがありません。Template:Testingpolicyの履歴を見るとWikipedia:投稿ブロックの方針の改訂を検討するために作成されたものということで、「投稿ブロックの方針」の場合は従来の方針と新方針を並行して運用するといういささかわけのわからない改訂を行ったためにこのようなテンプレートが必要になったもののようですが、現在このテンプレートが貼られている4つの文書はいずれも並行して用いられている文書はなく、他の正規の方針と同様に問題点が見つかった時点で改訂していくということで十分だと思います。そこで、Template:TestingpolicyTemplate:Policyに変更し、正規の方針とすることを提案します。118.240.190.43 2016年1月25日 (月) 15:01 (UTC)

  • 上の提案はTemplate:Testingpolicyを廃止するという趣旨の提案だったのですが、誤解をまねく提案だったので撤回します。115.162.201.119 2016年3月31日 (木) 01:51 (UTC)

「Template:Tesingpolicy」の廃止を提案しています[編集]

Template‐ノート:Testingpolicyでテンプレートの廃止を提案しています。115.162.201.119 2016年3月31日 (木) 01:51 (UTC)

  • 上記提案に関連して{{Testingpolicy}}を{{Policy}}に変更することを提案します。この2つのテンプレートはいずれも「方針」を示すテンプレートです。違いとしては{{Testingpolicy}}には「試験段階に入った草案」とあり、文章が未完成な状態でも運用するための言い訳が書かれています。しかし、このテンプレートはWikipedia:投稿ブロックの方針/改定案を使ったWikipedia:投稿ブロックの方針の改定作業のために作られたものです。Wikipedia:投稿ブロックの方針/改定案の履歴を見ていただければわかるように、この「改定案」は最後まで「訳注」などが残ったままの状態であり、{{Policy}}を使える状況ではありませんでした。しかし、現在このルールはそのような不完全な状態ではなく、{{Testingpolicy}}を使って言い訳をしなければいけない状況ではありません。「方針」として運用されているので、実態に合わせてテンプレートを変更することを提案します。118.237.68.184 2016年4月9日 (土) 02:40 (UTC)
    • 反対 依頼内容が単なるわがまま・誤解のレベルに過ぎないうえ、議論の告知も行われておらず、提案としての体をなしていない(依頼不備)。--Hisagi会話) 2016年4月9日 (土) 04:31 (UTC)