W-3 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of Poland.svg W-3ソクウ/W-3 Sokół

ポーランド陸軍のW-3Wソクウ

ポーランド陸軍のW-3Wソクウ

W-3ソクウポーランド語:W-3 Sokółヴェー・チュシー・ソークウ)は、ポーランドのPZLで設計・製造された双発エンジン式の中型汎用ヘリコプターである。愛称の「ソクウ」はポーランド語で「」のこと。日本語では「ソコル」と書かれる場合もある。

開発[編集]

試作4号機

W-3ソクウは、ポーランドのPZL-シフィドニクが独自に設計した中型ヘリコプターである。設計は1973年に開始され、1979年11月16日に試作1号機が完成し1985年に量産が開始された。

W-3は3枚翼のテールローターと4枚翼のメインローターを有し、降着装置は前輪と2つの主輪を備えている。

ポーランドは自国の陸海空三軍が保有運用している旧ソ連製(ポーランドでライセンス生産された機体を含む)ヘリコプターの一部をこのW-3の派生型に更新すると共に軍民問わず輸出にも力を入れている。

主な派生型[編集]

チェコのW-3A
W-3Pソクウ
W-3Wソクウ
W-3RLソクウ
W-3RMアナコンダ

民間向け[編集]

W-3ソクウ
  • 民間向け汎用型の基本型
W-3Aソクウ
W-3ASソクウ
  • W-3の機体をW-3A仕様に変更した型
W-3A2ソクウ
W-3AMソクウ
  • フロートを装着した型

軍用型[編集]

W-3Tソクウ
  • 非武装の輸送型で、ポーランド以外にもチェコ、ミャンマーで使用されている。
W-3Pソクウ
W-3Sソクウ
W-3Wソクウ
W-3WAソクウ
  • W-3Wと基本的には変わらないが、W-3Aの機体を使用している。ポーランド陸軍で運用されている。
W-3Rソクウ
  • ポーランド空軍及びチェコ空軍で運用されている、救急ヘリコプター仕様
W-3RLソクウ
  • ポーランド空軍の地上用捜索救難型
W-3RMアナコンダ(Anakonda
  • ポーランド海軍の洋上捜索救難型
W-3WARMアナコンダ(Anakonda
  • W-3A仕様の機体を使用する、ポーランド海軍向け洋上捜索救難型
W-3PSOT / W-3PPDギプスフカ(Gipsówka
  • W-3PPDは空中指揮機仕様(PPDは" Powietrzny Punkt Dowodzenia" - "Airborne Command Post"の略称)であり、2006年に、新型のデジタル戦場指揮統制システム(砲兵隊への目標指示が可能なトパス火器管制装置を装備したW-3PSOT(Powietrzne Stanowisko Obserwacji Terenu:Airborne Observation Postの略称)これらの派生型は、W-3Wと同様に4つのパイロンを有しているが、固定式機関砲は撤去されている。ポーランド陸軍にのみ配備。
W-3RRプロツィヨン(Procjon
  • ポーランド陸軍の電子偵察機仕様。

採用国[編集]

ポーランド海軍のW-3RMアナコンダ
軍隊
警察、法執行機関

性能・主要諸元(W-3A)[編集]

ポーランド陸軍のW-3Wソクウと前面に並べられた各種武装
  • 乗員:1~2名
  • 乗客:12名(標準型)
  • 全長:14.21 m
  • 主回転翼直径:15.70 m
  • 全高:5.14 m
  • 円板面積:193.6 m²
  • 空虚重量:3.85 t
  • 最大吊下重量:2.1 t
  • 最大離陸重量: 6.4 t
  • 発動機:WSKPZL ジェシュフ(Rzeszów) PZL-10Wターボシャフトエンジン(670 kW)x2基
  • 超過禁止速度:260 km/h
  • 巡航速度:234 km/h
  • 航続距離:745 km
  • 巡航高度:5,100 m
  • 上昇率:10 m/sec