Version 6 Unix

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Version 6 UnixまたはSixth Edition Unixは、ベル研究所が初めて所外に広くリリースしたUNIXオペレーティングシステムのバージョン。単にVersion 6とかV6とも呼ばれる。1975年5月にリリースされた。ソースコードが公開されており、それに関する権利が明確化されていなかったため、V6はカリフォルニア大学バークレー校ニューサウスウェールズ大学(UNSW)で教育ツールとして採用された。その後のVersion 7 Unix(もっと制限されたライセンス形態でリリースされた)の成功の影に隠れた形ではあるが、V6はBSD系列のUNIXの始点となった。

V6はまた Lions' Commentary on UNIX 6th Editionという本(1976年)でも有名となった。Lions Bookとしても知られ、その著者はUNSWの教授 John Lions である。この本にはDECのPDP-11/40に実装されたV6のカーネルの主要部分のソースコードが掲載されており、多くの初期のUNIX開発者にとってカーネルに関する貴重な資料となった。

現在、V6のコードはSCOの許可によりBSDライセンスで利用可能となっている(Ancient UNIX参照)。

派生OS[編集]

BSD(1BSD)以外にも、V6のコードから派生したUNIXには、以下のようなものがあった。

  • IS/1 - INTERACTIVE社が改良を加えたV6。世界で初めて有料で販売されたUNIX。
  • Wollongong Interdata UNIX, Level 6 - オーストラリアのウロンゴン大学で1976年1977年に Richard Miller および Ross Nealon によって開発された。Interdata 7/32 というミニコンピュータへの移植版。このプロジェクトは Juris Reinfelds 教授が統括した。ウロンゴン大学で開発されたユーティリティ群が含まれており、後の V7 ではC言語コンパイラも含まれていた。これはPDPシリーズ以外へのUNIX移植の最初の例であり、移植可能なオペレーティングシステムの重要性を示したと言える。
  • ベル研究所は Interdata 8/32 への V6 の移植を試みたが、これがリリースされることはなかった。
  • MINI-UNIX - ローエンドPDP-11(PDP-11/10など)向けのV6
  • PWB/UNIX - 1.0はV6ベース(それ以前のバージョンはV4やV5をベースとしていた)
  • UNIX/RT - V6ベースのリアルタイムオペレーティングシステム。MERTと呼ばれる初期のマイクロカーネル上に構築されている。[1]
  • LSI-UNIX,LSX - LSI-11マイクロプロセッサ向けのバージョン。40Kバイトのメモリ容量で動作し、カーネルはわずか16Kバイトであった[2]
  • AUSAM(Australian Unix Share Accounting Method) - 1979年11月リリース。シドニー大学によるV6派生OS。セキュリティとプロセス課金機能が強化されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

以下、英文