Template:Plainlist

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

Documentation[編集]

使用法[編集]

{{Plainlist}} を使用すると、行頭に中黒「・」記号がつかないプレーンな箇条書きを形成できます:

HTMLマークアップを使用するので、方法としてはより規準にそったやり方であり、<br />を使ってリストする内容を分割するやり方よりも正攻法とされます。このテンプレートを使用すべき根拠の説明は、WP:UBLIST英語版に詳述されます。

同様の目的を果たすものに{{Unbulleted list}}がありますが、そちらよりもより手短に、ウィキ・スタイルにかなうやり方でおこないます。ただ{{Unbulleted list}} は画像キャプション内でも使用できますが、{{Plainlist}} では失敗します。

用例[編集]

(略)

インデントがあるときの注意[編集]

この場合{{Plainlist| は次の例のように行頭においてください。リストそのものの表示に影響しませんが、その前後にある<div>仕様のフォーマットが壊れます。

{{Plainlist |
:* [[ネコ]]
:* [[イヌ]]
:* [[ウマ]]
:* [[ウシ]]
:* [[ヒツジ]]
:* [[ブタ]]
}}

引数[編集]

  • class – 使用divにCSSスタイルシートを追加します
  • style – CSS style オプションを追加します。あまり複雑なスタイルを記事に使うことは(wp:deviations英語版の規則上)慎むこととされますが、ユーザページやプロジェクトページでは許されています。
Example: |style = border:solid 1px silver; background:lightyellow
  • indent – 数値の数だけインデントをおこないます。indent=1 で1.6em(M文字幅1個分)インデントします。
Example: |indent = 2

実装手法[編集]

{{Plainlist}} は、div を CSS クラス="plainlist"で生成することで実現されています。このCSSスタイルシートの内容は以下の通り:

.plainlist ul {line-height:inherit; list-style:none none; margin:0}
.plainlist ul li {margin-bottom:0}

参照[編集]