Template:Plainlist

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
解説アイコン テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

{{Plainlist}} を使用すると、箇条書きと似たように表示され、かつ、行頭に中黒(・)がつきません。中黒のない箇条書きを表示するためにHTMLに準拠したマークアップを行います。言い換えれば、<br />を使って一覧にしても、表示には違いが出ませんが、コンピュータはこれを箇条書きであるとは識別できません。このテンプレートを使用すべき根拠の説明は、WP:UBLIST英語版に詳述されます。

同様の目的を果たすものに{{Unbulleted list}}がありますが、そちらよりもより手短に、ウィキ・スタイルにかなうやり方でおこないます。ただ{{Unbulleted list}} は画像キャプション内でも使用できますが、{{Plainlist}} では失敗します。

使用法[編集]

箇条書きのウィキマークアップを本テンプレートの中に書きます。

[編集]

マークアップ 描画
{{plainlist|
* [[ネコ]]
* [[イヌ]]
* [[ウマ]]
* [[ウシ]]
* [[ヒツジ]]
* [[ブタ]]
}}
 

このテンプレートは、{{endplainlist}}と併用することも可能ですが必要ではありません。

マークアップ 描画
{{plainlist}}
* [[ネコ]]
* [[イヌ]]
* [[ウマ]]
* [[ウシ]]
* [[ヒツジ]]
* [[ブタ]]
{{endplainlist}}
 

インデントがあるときの注意[編集]

この場合{{Plainlist| は次の例のように行頭においてください。リストそのものの表示に影響しませんが、その前後にある<div>仕様のフォーマットが壊れます。

{{Plainlist |
:* [[ネコ]]
:* [[イヌ]]
:* [[ウマ]]
:* [[ウシ]]
:* [[ヒツジ]]
:* [[ブタ]]
}}

引数[編集]

  • class – 使用divにCSSスタイルシートを追加します
  • style – CSS style オプションを追加します。あまり複雑なスタイルを記事に使うことは(wp:deviations英語版の規則上)慎むこととされますが、ユーザページやプロジェクトページでは許されています。
Example: |style=border:solid 1px silver; background:lightyellow
  • indent – 数値の数だけインデントをおこないます。indent=1 で1.6em(M文字幅1個分)インデントします。
Example: |indent=2

実装手法[編集]

{{Plainlist}} は、div を CSS クラス="plainlist"で生成することで実現されています。このCSSスタイルシートの内容は以下の通り:

.plainlist ul {line-height:inherit; list-style:none none; margin:0}
.plainlist ul li {margin-bottom:0}

参照[編集]