Template:LGBT rights table Europe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EU flag
欧州連合の加盟国は同性愛規制法の撤廃だけでなく、アムステルダム条約の加盟国には反差別の法整備も求められている。[1]

北ヨーロッパ[編集]

国: 同性間の性交渉 同性間の関係性の承認 同性結婚 同性カップルによる養子縁組の引受 同性愛者を公表しての軍隊勤務 反差別(性的指向) 性自認およびその表現の関連法
デンマークの旗 デンマーク Yes 1933年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 1989年より合法 No Yes 2010年よりパートナーシップ登録をした場合のみ Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[2][3]
エストニアの旗 エストニア Yes 1992年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No 結婚した夫婦のみ可能 Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止[3]
フェロー諸島の旗 フェロー諸島 (デンマークの自治領) Yes 1933年より合法 No No No Yes (デンマーク軍) Yes 一部の反同性愛差別が禁止[3]
フィンランドの旗 フィンランド Yes 1971年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2002年より合法 No (審議中)[4] Yes/ No 継子のみ (養子縁組の自由化が審議中) Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止[3]
グリーンランドの旗 グリーンランド (デンマークの自治領) Yes 1933年より合法
+デンマークにより国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes1996 年より合法 No Yes / No 継子のみ Yes (デンマーク軍) Yes 一部の反同性愛差別が禁止
アイスランドの旗 アイスランド Yes 1940年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 1996年より合法 Yes 2010年より合法 Yes 2006年より合法 軍隊がない Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3] Yes 性転換が合法で、書類上の性別の修正も認められている
アイルランドの旗 アイルランド Yes 1993年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2011年より合法 No 最高裁判所の判断により保留 No 独身ゲイ男性は許可、継子の養子縁組について審議中 Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3] No 性別の変更に関する法案が高等裁判所の賛同判決後に保留
マン島の旗 マン島 Yes 1991年より合法 Yes 2011年より合法 No Yes Yes イギリス軍 Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes 2009年より性別の変更が容認[1]
ラトビアの旗 ラトビア Yes 1992年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No 2006年より法規制 No 結婚した夫婦のみ可能 Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
リトアニアの旗 リトアニア Yes 1993年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No 1992年より法規制 No 結婚した夫婦のみ可能 Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3]
ノルウェーの旗 ノルウェー Yes 1972年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 1993年より合法 Yes 2009年より合法 Yes 2009年より合法 Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3] Yes 性転換が合法で、書類上の性別の修正も認められている
スウェーデンの旗 スウェーデン Yes 1944年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 1995年より合法 Yes 2009年より合法 Yes 2003年より合法 Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[2] Yes 法的な性別の変更には、不妊手術と離婚が条件
イギリスの旗 イギリス Yes イングランドウェールズは1967年より合法、スコットランドは1981年より合法、北アイルランドは1982年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2005年よりパートナーシップ法 Yes 2014年より合法 Yes イングランドウェールズは2002年より合法、スコットランドは2009年より合法、北アイルランドは不明確
Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[5][2] Yes 2004年より性別の変更が容認

西ヨーロッパ[編集]

国: 同性間の性交渉 同性間の関係性の承認 同性結婚 同性カップルによる養子縁組の引受 同性愛者を公表しての軍隊勤務 反差別(性的指向) 性自認およびその表現の関連法
ベルギーの旗 ベルギー Yes 1795年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2000年より合法 Yes 2003年より合法 Yes 2006年より合法 Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3]
フランスの旗 フランス Yes 1791年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 民事連帯契約
1999年より
Yes 2013年より合法 Yes2013年より合法 Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[2][3]
ガーンジー島の旗 ガーンジー島 (オルダニー島の旗 オールダニー島、ハーム島の旗 ハーム島および サーク島の旗 サーク島を含む) Yes 1983年より合法 No No No Yes イギリス軍 Yes 一部の反同性愛差別が禁止[6] Yes[6]
ジャージー島の旗 ジャージー Yes 1990年より合法 No パートナーシップ法案が賛同待ち No Yes Yes イギリス Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes '2010年より性別の変更が容認[2]
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルグ Yes 1795年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2004年より合法 No (提議中) No 独身ゲイ男性は可能 (継子のみ提議中) Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
モナコの旗 モナコ Yes 1793年より合法 No No No Yes フランス軍 No
オランダの旗 オランダ Yes 1811年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 1998年より合法 Yes 2001年より合法。同性結婚を最初に合法化した国 Yes Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3] Yes

中央ヨーロッパ[編集]

国: 同性間の性交渉 同性間の関係性の承認 同性結婚 同性カップルによる養子縁組の引受 同性愛者を公表しての軍隊勤務 反差別(性的指向) 性自認およびその表現の関連法
オーストリアの旗 オーストリア Yes 1971年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2010年よりパートナーシップ法 No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
クロアチアの旗 クロアチア Yes1977 年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2003年より事実婚制度 No No Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[7][3] Yes 差別廃止法令およびボランティア関連の法、電子メディア法(全てのジェンダー・アイデンティティおよびジェンダーの表現において)
チェコの旗 チェコ Yes 1962年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2006年よりパートナーシップ法 No No 独身ゲイ男性は可能 Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
ドイツの旗 ドイツ Yes 東ドイツは1968年より合法、 西ドイツは1969年より合法
1994年に完全法制化
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2001年よりパートナーシップ法 No No/Yes 継子のみ (養子縁組の自由化が提議中) Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
ハンガリーの旗 ハンガリー Yes 1962年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2009年より登録パートナーシップ法 No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン Yes 1989年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
2011年3月時点で保留 No No 軍隊がない No
ポーランドの旗 ポーランド Yes 18世紀まで合法、19世紀に違法化の後、1932年に再び合法化
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No (提議中) No 憲法にて結婚を男女に提議[8] No 独身ゲイ男性は可能 Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes 性転換は合法、出生証明の変更は手術後に可
スロバキアの旗 スロバキア Yes 1962年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
スロベニアの旗 スロベニア Yes 1977年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2006年よりパートナーシップ法 No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes 性転換を登記簿に記載可能。書類等は新しい性に基づき発行[9]
スイスの旗 スイス Yes ジュネーヴヴォー州ヴァレー州およびティチーノ州は1798年より合法、1942年に全土で合法化
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2007年よりパートナーシップ法 No No 独身ゲイ男性は可能 Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止

東ヨーロッパ[編集]

国: 同性間の性交渉 同性間の関係性の承認 同性結婚 同性カップルによる養子縁組の引受 同性愛者を公表しての軍隊勤務 反差別(性的指向) 性自認およびその表現の関連法
アルバニアの旗 アルバニア Yes 1995年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[10] Yes 性自認による区別を容認
アルメニアの旗 アルメニア Yes 2002年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No 不明 No
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン Yes 2000年より合法 No No No 不明 No
ベラルーシの旗 ベラルーシ Yes 1994年より合法 No No 1994年より法規制 No No 軍での勤務に法規制 No
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニアヘルツェゴビナ Yes 1998年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
ブルガリアの旗 ブルガリア Yes 1968年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No 1991年より法規制 No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止
グルジアの旗 グルジア Yes 2000年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No 不明 Yes 一部の反同性愛差別が禁止
マケドニア共和国の旗 マケドニア Yes 1996年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止[3]
モルドバの旗 モルドヴァ Yes 1995年より合法 No No 1994年より法規制 No Yes No
モンテネグロの旗 モンテネグロ Yes 1977年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No 2007年より法規制 No Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[11] Yes 性自認による区別を容認
ルーマニアの旗 ルーマニア Yes 1996年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No (提議中) No No Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3]
ロシアの旗 ロシア (全ての地方区分を含む) Yes 1993年より合法、1917〜1930年も合法 No No No Yes No No 未成年者への同性愛宣伝禁止・国外の同性愛カップル又は単身者によるロシアの子供との養子縁組

禁止

セルビアの旗 セルビア Yes 1994年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No 憲法にて結婚を男女に定義 No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes差別撤廃法令
ウクライナの旗 ウクライナ Yes 1991年より合法 No No 憲法にて結婚を男女に定義 No Yes No

南ヨーロッパ[編集]

国: 同性間の性交渉 同性間の関係性の承認 同性結婚 同性カップルによる養子縁組の引受 同性愛者を公表しての軍隊勤務 反差別(性的指向) 性自認およびその表現の関連法
アンドラの旗 アンドラ Yes 1790年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2005年より合法 No Yes 2005年より合法 軍隊がない Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3]
キプロスの旗 キプロス Yes 1998年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No(提議中) No No No Yes 一部の反同性愛差別が禁止
ジブラルタルの旗 ジブラルタル (イギリスの海外領土) Yes 1993年より合法 (同意年齢が異なる) No No No Yes イギリス軍 Yes 一部の反同性愛差別が禁止
ギリシャの旗 ギリシャ Yes 1951年より合法 (同意年齢が異なる)
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No(提議中) No No No Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes
イタリアの旗 イタリア Yes 1890年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No 結婚した夫婦に限る Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes 性転換は合法、書類は性自認に基づき修正可[12]
マルタの旗 マルタ Yes 1973年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No (提議中) No No Yes Yes 一部の反同性愛差別が禁止 Yes 性転換は合法、書類は性自認に基づき修正可
ポルトガルの旗 ポルトガル Yes 1983年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 2001年より合法 Yes 2010年より合法 No 独身ゲイ男性は可能 Yes Yes 憲法により全ての反同性愛差別が禁止[3] Yes 2011年より法律上および書類上の性別を性自認に合わせての変更が可能
サンマリノの旗 サンマリノ Yes 2001年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
No No No 不明 No
スペインの旗 スペイン Yes 1979年より合法
+ 国連の同性愛非犯罪化宣言に署名
Yes 1998年より合法 Yes 2005年より合法 Yes Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3] Yes La Ley de Identidad de Género (性自認に関する法)を2007年に制定
トルコの旗 トルコ Yes 1858年より合法 No No No Yes No 2010年3月に議会が性的指向を含む差別禁止の草案を作成[13] Yes
バチカンの旗 バチカン市国 Yes 1929年より合法 No No No 不明 No

事実上独立した地域[編集]

国: 同性間の性交渉 同性間の関係性の承認 同性結婚 同性カップルによる養子縁組の引受 同性愛者を公表しての軍隊勤務 反差別(性的指向) 性自認およびその表現の関連法
コソボの旗 コソボ (コソボ紛争を参照) Yes 1994年より合法 (セルビアの地域として)、2008年より合法 (独立国として) No No No Yes Yes 全ての反同性愛差別が禁止[3] Yes
北キプロスの旗 北キプロス・トルコ共和国 (トルコのみ国家承認) No男性は違法 (5年以下の実刑)
Yes 女性は合法[2]
No No No No No

出典[編集]

  1. ^ Consolidated Version of the Treaty on European Union”. 2010年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e Ottosson, Daniel. “State-sponsored Homophobia: A world survey of laws prohibiting same sex activity between consenting adults”. The International Lesbian, Gay, Bisexual, Trans and Intersex Association. 2010年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Rainbow Europe Country Index
  4. ^ Gender-Neutral Marriage Law Possible by 2012”. YLE. 2010年7月2日閲覧。
  5. ^ Criminal Justice and Immigration Act 2008 (c. 4)
  6. ^ a b The Prevention of Discrimination (Enabling Provisions) (Bailiwick of Guernsey) Law, 2004”. Guernsey Legal Resources. 2010年9月30日閲覧。
  7. ^ Zakon o suzbijanju diskriminacije”. Narodne-novine.nn.hr (2008年7月21日). 2010年9月30日閲覧。
  8. ^ The Constitution of the Republic of Poland
  9. ^ ZAKON O MATIČNEM REGISTRU
  10. ^ Albania protects LGBT people from discrimination”. ILGA-Europe (2010年2月5日). 2010年2月5日閲覧。
  11. ^ Montenegro fulfils EU membership requirement and protects LGBT people from discrimination
  12. ^ (イタリア語) 164/1982 Act
  13. ^ Discrimination will be banned, draft law says