Template:更新

ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

{{更新}}は、隠しカテゴリのCategory:情報の更新が必要とされている項目に追加します。

使い方[編集]

date パラメータ[編集]

date パラメータには、当テンプレートを貼り付けた日付を記入します。

例: {{更新|date=2018年11月}}
  • 年と月だけでなく日や時刻を含めて記入することもできます。つまり「date=~~~~~」(半角チルダ5つ)を使用することができます。「~~~~~」は投稿時点の日時(UTC)に自動的に変換されます。チルダの数を間違えないよう注意してください。ページ上には年と月のみが表示され、その表示にマウスカーソルを合わせると記入されているままの状態がチップテキストで表示されます。
例: {{更新|date=~~~~~}} → 自動変換:{{更新|date=2018年11月2日 (金) 16:02:28 (UTC)}} → 表示:(2018年11月
  • {{subst:DATE}}」を使用することもできます。「date=~~~~~」と異なり「date=」と記入しないことに注意してください。
例: {{更新|{{subst:DATE}}}} → 自動変換:{{更新|date=2018年11月}} → 表示:(2018年11月
  • 記事翻訳において、英語版の翻訳元に貼られているテンプレートに「Month yyyy」形式の日付が記入されている場合、もしくは、中国語版の翻訳元に貼られているテンプレートに「yyyy-mm-dd」形式の日付が記入されている場合に、それらを書き変える必要はありません。

section パラメータ

section パラメータは、節貼り付け用のテンプレートを表示する際に使用します。

{{更新|date=2018年11月}}

のようにsectionパラメータを指定しなければ、

のように記事上部貼り付け用テンプレートが表示されます。

{{更新|date=2018年11月|section=1}}

のようにsectionパラメータを指定すると、

のように節貼り付け用テンプレートが表示されます。sectionパラメータと dateパラメータの指定順序はどちらが先でも構いません。

内部テンプレート[編集]

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

更新

このテンプレートは記事の内容について更新を求めるときに用います。

テンプレート引数

引数説明状態
貼付年月date

「2014年7月」という形式で入力して下さい。

自動入力値
{{subst:#time:Y年F}}
文字列必須
section

「1」と記入すると、「この記事」が「この節」に置き換わります。

ブール値省略可能
更新が必要な部分1

更新が必要な部分を具体的に記述して下さい。

文字列省略可能