TIG溶接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不活性ガス(ピンク)を吹き付けながら溶接

TIG溶接(ティグようせつ)とは、電気を用いたアーク溶接方法の一種である。TIGは、Tungsten Inert Gasの略で、タングステン-不活性ガス溶接の意であり、電極棒に消耗しない材料のタングステンを使用して、別の溶加材(溶接棒)をアーク中で溶融して溶接する方式であり、英語では、Gas Tungsten Arc Welding、略してGTAWまたはGTA溶接ともいう。

概要[編集]

ティグ溶接は、高品質で美しい溶接ビード(溶接跡)が得られ、あらゆる金属の溶接に適用できるので、多くはステンレスやアルミニウムなど非鉄金属の溶接に採用されている。溶接時に母材の溶融金属部分を大気から遮断して保護する目的にアルゴンヘリウム、などの不活性ガスを吹き付けて溶接を行う。また溶接に使用される溶接機には、直流を利用した直流溶接機と交流を使用した交流溶接機があり、直流溶接では、母材を陽極とした直流正極性(DCSP)と母材を陰極とした直流逆極性(DCRP)がある。また交流溶接では高周波電源を使用するこで、アークの不安定な状況を補っている。

関連項目[編集]