新世界楽曲雑技団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SNK新世界楽曲雑技団から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
新世界楽曲雑技団
別名 SNK新世界楽曲雑技団
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ゲームミュージック
職業 ゲーム開発
活動期間 1991年 - 2001年
レーベル サイトロン・レーベル
事務所 SNK

新世界楽曲雑技団(しんせかいがっきょくざつぎだん)は、かつて存在したゲームメーカー・SNKのサウンドチーム。社名を付けてSNK新世界楽曲雑技団とも呼ばれていた。

概要[編集]

1991年、『餓狼伝説』製作時、従来のSNKのサウンドチームSNK SOUND TEAMとは別にNEO SOUND ORCHESTRA 新世界楽曲雑技団として結成。その後、『餓狼伝説』『サムライスピリッツ』『龍虎の拳』『ザ・キング・オブ・ファイターズ』など、SNKの対戦型格闘ゲームの人気シリーズの音楽を手がけた。1994年7月には「新世界楽曲雑技団スペシャルバンド」を結成し、ゲームミュージックフェスティバルに出演している。

作品にもよるが、曲名らしからぬ奇抜で変な名前が付けられる事がしばしばあり、「クリキントン」や「ギースにしょうゆ」などの曲名は当時のゲーム雑誌でも話題になるほどだった。

格ゲー人気が沈静した後も粛々とサウンド製作を続け、サウンドトラックやイメージアルバム、ドラマCDを数多く発表していたが、2001年1月、ベストアルバム「新世界楽曲雑技団FINAL」を発表したのを最後に活動停止。同年4月にSNKが民事再生法の適用を申請した(10月に倒産)ことから経営悪化による経費削減の波を受けたものと見られる。

この騒動の中で、相当数のメンバーが退社・独立していったが、メンバーの一部はSNKプレイモアに移り、引き続き、ザ・キング・オブ・ファイターズシリーズでのサウンド製作をメインに活動を続けている。

主な参加作品[編集]