SIG SAUER MOSQUITO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SIG SAUER MOSQUITO
Sig sauer mosquito.png
MOSQUITO Reverse Two-Tone
概要
種類 練習用自動拳銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 シグザウエル&ゾーン
性能
口径 .22口径
銃身長 99mm(3.9インチ)
使用弾薬 .22LR
装弾数 10発
作動方式 ショートリコイル
シングルアクション
ダブルアクション
全長 183mm
重量 697g

SIG SAUER MOSQUITOは、SIG社およびその傘下であるSAUER社製の自動拳銃。

スコープが装備されたモスキート

概要[編集]

「オリジナルP226の90%のサイズ」というのが謳い文句。P226の練習用としての趣が強く、オリジナルの数々の特徴を忠実に引き継いでいる。スライドはアルミ合金、フレームはポリマー。

MOSQUITO(モスキート)とはの意味で、小口径弾薬である.22LR弾を使用することに由来している。

ハンマーが、レスト・ポジションでもファイアリング・ピンに触れず、安全性が高い設計になっている。だがそのために、ハンマー・リセット・スプリングの力が常にかかることで、ハンマーの打撃力がわずかに低下する。そのためか、.22LR弾がリムファイア方式であることもあり、不発になることがある。

軍用に開発されたモスキートだが、民間市場にも販売されている。P220P226にも.22LR弾を使用するClassic 22シリーズが存在するためモスキートはスライドに安全装置があることで差別化をはかっている。(値段に関しては新品の完成品で比べた場合Classic 22よりモスキートの方が安い。)

関連項目[編集]

出典[編集]

「SIGモスキート & ワルサーP22-最新22オートの世界」『Gun』2007年2月号、国際出版

外部リンク[編集]