SAP Business ByDesign

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SAP Business ByDesign(エスエイピー・ビジネス・バイデザイン)はドイツのソフトウェア大手SAP社のクラウドネイティブ型のERPソフトウェアサービスである。

概要[編集]

SAP Business ByDesignはSAPのSAP Cloud Platformを標準プラットフォームとして採用したSaaS型のクラウドネイティブERPであり、中小企業および大企業の子会社での利用に適したERPである。SAPが提供するSAP S/4HANASAP Business All-in-OneSAP Business Oneなどの複数のERPのラインナップの1つであり、主に従業員数100人から500人の企業に焦点を絞ったサービスである。[1] グローバルでは2007年に発表され[1]、日本語版は2013年11月から提供されている。[2] 日本を含む世界17か国で提供され、2014年1月時点で約1,100社に導入されている。[3]

会計管理、人事管理、購買管理、生産管理、販売管理など35の業務プロセスに対応している。[4]

特徴[編集]

SAP Business ByDesignの最大の特徴はSaaS型のERPサービスであるため、従来のオンプレミス型のERPパッケージと比較して、導入までに要する期間が短くでき、初期導入コストが安い点である。料金は初期費用のほか、ユーザー数に応じたユーザーライセンス体系で課金される。[1]

導入形態としてはシングルおよびマルチテナントの両方がサポートされている。[5] ユーザビリティやレポーティングなどのアナリティクス機能も強化されているほか、Microsoft Excelとの統合が図られている。[5][4]

SAPはSAP Business ByDesignを「2層ERP」のコンセプトに適したサービスであり、本社等の拠点に導入済のメインERP(1層目)を利用しつつ、その他拠点に当該ERPを短期間かつ低コストで導入可能なERP(2層目)として利用することでグループ全体での最適化を図れるとしている。[6] SAPとNEC(日本電気)はSAP Business ByDesignの販売で協業を締結しており、「2層ERP」の2層目のERPとしての拡販に力を入れている。[7][8][6][9][10] NEC自体も「2層ERP」に基づき自社のグループ企業に対してSAP Business ByDesignを採用している。[11][12]

SAPの日本法人であるSAPジャパンも中堅・中小企業へのSAP Business ByDesignの販売を強化しており、2017年4月から営業体制を強化している。[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c SAPがSaaSに本格参入、中小向けERP発表
  2. ^ SAPジャパン、クラウド型ERP「Business ByDesign」国内投入
  3. ^ NEC が SAP のクラウド ERP、Business ByDesign で追加機能を開発して販売
  4. ^ a b SaaS型ERP「SAP Business ByDesign」が日本でも--2層アプローチを提案
  5. ^ a b SAP、「Business ByDesign」の最新版を発表
  6. ^ a b NEC、「SAP ERP」「SAP Business ByDesign」導入で2層ERPを展開
  7. ^ NECとSAP、クラウド型ERPサービス「SAP(R) Business ByDesign(R)」ビジネスでグローバル協業
  8. ^ NEC、「SAP Business ByDesign」を東南アジア6カ国に展開
  9. ^ NEC、サントリーグループのアジア3拠点にERP「SAP Business ByDesign」を導入
  10. ^ NEC、SAPのクラウド型ERP「Business ByDesign」のグローバル導入を支援
  11. ^ NEC、海外グループ会社向けに「SAP Business ByDesign」を採用、「2層ERP」により自社基幹システムを強化
  12. ^ NEC、SAP Business ByDesignを活用して自社基幹システムを強化
  13. ^ 中堅・中小企業のデジタル変革にもSAPを――営業体制とパートナーを大幅強化

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

SAP公式ホームページ - SAP Business ByDesign:中堅企業および子会社向けのクラウドベースERP