revenus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
revenus
出身地 日本
ジャンル J-POP
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1997年 - 2003年
レーベル エクスタシー・ジャパン
ポリドール
メンバー 世古あき子
堤美紗
矢島悦子
近藤順子
旧メンバー 菅原サトル

revenus(レヴィナス)は、2000年にデビューした日本のロック・バンド[1]

来歴[編集]

1997年に作曲家として活動していたギタリストの菅原サトルと、ヴォーカリストの世古あき子が出会う[2]。その後インディーズで活動するドラマーの近藤順子が加入し[2]、3ピース・バンドとして活動を開始した[1]。制作したデモ・テープがX JAPANYOSHIKIの耳にとまり[2]、2000年8月23日にYOSHIKIが主宰するエクスタシー・ジャパンからインディーズ・デビュー・シングル「Happy Driving」をリリース[3]。そして2001年2月7日にメジャー・デビュー・シングル「千の瞳」をリリースした[4]。「千の瞳」は関西テレビ・フジテレビ系全国ネットドラマ『2001年のおとこ運』の挿入歌に採用され、約5万枚を売り上げるロング・セールスとなった[1]

2001年5月には3枚目のシングル「Flower」をリリースするが、楽曲制作・プロデュースワークで評価が高まった菅原が2001年末にメンバーから退き、revenusのサウンド・プロデューサーに専念することになる[5]。その後ギタリストの堤美紗と、バンド結成以来不在であったベーシストに矢島悦子を迎え、女性4人からなるバンドとして活動していくことになる[1]。2002年5月、約1年ぶりのシングル「アカシア」をリリース[6]。同年6月26日には過去の全シングルと新録曲を含むファースト・アルバム『glory days』をリリースした[7]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d revenus バイオグラフィ ユニバーサルミュージック 2012-03-29
  2. ^ a b c revenus バイオグラフィ barks.jp 2012-03-29
  3. ^ 「Happy Driving」作品情報 ORICON STYLE 2012-03-29
  4. ^ 「千の瞳」作品情報 ORICON STYLE 2012-03-29
  5. ^ 『Groovin'』(2002年4月25日号)
  6. ^ 「アカシア」作品情報 ORICON STYLE 2012-03-29
  7. ^ 『glory days』作品情報 ORICON STYLE 2012-03-29