Readyfor

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
READYFOR?から転送)
Jump to navigation Jump to search

Readyfor(レディーフォー)とは、READYFOR株式会社によって運営されているクラウドファンディングサービスの名称。

概要[編集]

2011年3月29日に開始した日本初・日本最大のクラウドファンディングサービスである[1]。ミッションは、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」。2018年3月29日現在、7,950プロジェクトのスタートが支援され、約56.2億円の累計支援額が集まっている[2]

歴史[編集]

2011年3月、米良はるかがアメリカ・スタンフォード大学での留学から帰国後、東京大学発のベンチャー企業オーマ株式会社の一事業として運用開始[3]

2012年、米良が日本最年少で世界経済フォーラム「ダボス会議」に参加。

2014年7月、オーマ株式会社より事業譲渡され、米良が代表取締役となり、READYFOR株式会社を設立。

2015年10月、秋田県の「北都銀行」が業務提携を開始。

2015年12月、寄付型クラウドファンディング「READYFOR Charity」をリリース。

2016年1月、国際協力活動支援プログラム「VOYAGE PROGRAM」をリリース。

2016年2月、「JTBグループ」と業務提携を開始。

2016年6月、「J:COM」と業務提携を開始。

2016年7月、宮城県庁から「みやぎ食と農のクラウドファンディング支援事業」を受託。

2016年8月、「栃木銀行」と業務提携を開始。

受賞[編集]

2012年6月、政策投資銀行が主催する「女性ビジネスコンペティション」で、「未来へチャレンジ賞」を受賞[4]

2013年11月、マニフェスト(公約集)に基づく自治体、地方議会の運営を表彰する「第8回マニフェスト大賞」(株式会社共同通信社後援)で、「審査員特別賞 箭内道彦賞」を受賞[5]

2016年6月、サービス産業生産性協議会が主催する「日本サービス大賞」で、「優秀賞(SPRING賞)」を受賞。

メディア出演[編集]

2015年10月、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」出演。

2015年11月、NHK「あさイチ」出演。

2016年1月、テレビ東京「カンブリア宮殿」出演。

2016年2月、日経新聞電子版にて連載開始。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本初のクラウドファンディングサービス「READYFOR?」がローンチ”. READYFOR? (2011年4月5日). 2014年8月12日閲覧。
  2. ^ Readyfor 7th”. READYFOR (2018年3月29日). 2018年9月13日閲覧。
  3. ^ READYFOR?に刻まれた一年分のあしあと”. READYFOR?. 2014年5月5日閲覧。
  4. ^ 「第1回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」のファイナリストおよび受賞者を発表”. DBJ News (2012年6月19日). 2014年5月5日閲覧。
  5. ^ 第8回マニフェスト大賞の大賞、最優秀賞、特別賞を発表いたしました”. Manifesto Awards (2013年11月1日). 2014年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]