Proxomitron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Proxomitron
作者 Scott R. Lemmon
初版 1999年3月23日(21年前) (1999-03-23
最新版 Naoko 4.5 (June) / 2003年6月1日(17年前) (2003-06-01
対応OS Microsoft Windows
サポート状況 サポート終了
ライセンス 少年ウェア
公式サイト proxomitron.info
テンプレートを表示

Proxomitron(プロクソミトロン、プロクスオミトロン)は、Scott R. Lemmonが開発したWindows上で動作するプロキシソフトウェア。通称は「オミトロン」。

2003年6月、開発の終了を宣言し[1]、公式サイトに「消えました」と日本語でメッセージを残して閉鎖した[2]。その後、開発者のScott R. Lemmonは2004年5月1日に36歳で死去した[3]

機能[編集]

ProxomitronはHTTP プロキシとして働き、ブラウザWebサーバー間の通信を監視できる。その際に、HTTPヘッダやソースコードを指定したルールに則って書き換えることができる。これにより、ブラウザクラッシャーの無効化、JavaScriptのブロック、広告の除去、GIFアニメーションの停止などを実現する。

ライセンス[編集]

このソフトウェアのライセンスは少年ウェアである。少年ウェアとは、開発者Scottが愛するバンド少年ナイフ」をサポートするために捧げられているコンセプトである。

個人の使用では完全に自由であり、全ての機能は制限されない。

「少年ナイフのCDを購入し感想を作者にメールで伝える」ことでレジストすることが可能である。レジストすることで、開発者、利用者、少年ナイフ、そして世界中が幸せになり、世界がよりよいものになる。

もし使用者が少年ナイフのメンバー(直子、美智枝、敦子の誰か)であるのなら、全ての少年ウェアについて一生涯の権利を持つとしている。

脚注[編集]

  1. ^ Google グループ”. groups.google.com. 2020年7月29日閲覧。
  2. ^ The Proxomitron - Universal Web Filter - ウェイバックマシン(2003年6月22日アーカイブ分)
  3. ^ CastleCops - Scott Lemmon, Proxomitron Author, Deceased May 1st 2004 - ウェイバックマシン(2005年1月26日アーカイブ分)

外部リンク[編集]