Proxomitron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Proxomitronプロクソミトロンプロクスオミトロン)は、Scott R. Lemmonにより制作された、Windows上で動作するローカルプロキシソフトウェア。通称「オミトロン」。少年ウェアと自称している。

機能[編集]

Proxomitronは、HTTP プロキシとして働き、ブラウザWebのアクセスを仲介することで機能する。これによりリクエストを横取りし、流れるデータを監視できる。その際に、作成したルールに則って書き換えることも可能。

例えば

Matching: foo
Replace: bar

というルールを作成した場合、fooがbarに置換されて出力される。Proxomitronは独自の正規表現によるテキスト検索言語を用いている。これにより「ブラウザクラッシャーの無効化」「バナー広告のテキスト化」など、様々なフィルタリングが可能である。

少年ウェア[編集]

少年ウェアとは、作者Scottが愛するバンド少年ナイフ」をサポートするために捧げられているコンセプト。

少年ウェアのレジスターの方法は至って簡単であり、「少年ナイフのCDを購入し感想を作者にメールで伝える」だけである。 もし使用者が少年ナイフのメンバー(直子、美智枝、敦子の誰か)であるのなら、全ての少年ウェアについて一生涯の権利を持つとしている。

実際はレジストせずとも個人の使用では完全に自由であり、全ての機能は制限されない。

また、類似の派生フィルタリング・ソフトを生み出した画期的なソフトでもある。

作者[編集]

作者Scottは日本好きであると伝えられ、2003年6月にversion4.5を最後に開発及び公開中止となった際、それまで英語で表示されていた公式サイトには

と、日本語でメッセージが表示されていた[1]

Scott R. Lemmonは2004年5月1日に死去した[2]。36歳。死因不明。

脚注[編集]

  1. ^ [1] Internet Archiveによるウェブアーカイブ
  2. ^ CastleCopsR - Scott Lemmon, Proxomitron Author, Deceased May 1st 2004

外部リンク[編集]