IMacros

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IMacros
開発元 iOpus
対応OS Windows XP以降[1]
プラットフォーム IA-32及びx64[1]
対応言語 英語を含む11言語
種別 マクロネットワーク監視ウェブスクレイピングソフトウェアテスト
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア[2]
公式サイト www.iopus.com/iMacros/
テンプレートを表示

iMacrosMozilla FirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerなどWebブラウザのマクロ拡張機能である[3]JavaScriptにより動作し試用機能が同梱されている。iOpusにより2001年に提供された当時は、初めてのブラウザ用[4]マクロ及び定形フォーム入力[5]ソフトウェアであった。

ソーシャルブックマークを共有する方法と類似した手順で、利用者がマクロやスクリプトを共有する「social scripting」機能をFirefoxとChrome用拡張にて提供している[6]。 新しいマクロを作成した後、メールやソーシャルブックマーク、ウェブサイトブログリンクを記載し踏むことで共有される。 フリー版は、商用版と同様にネットワーク監視ウェブスクレイピングソフトウェアテスト機能が利用可能である。 キャラクタユーザインタフェースおよびアプリケーションプログラミングインタフェース (API) を用いて、より複雑な作業を自動化し、他のプログラムやスクリプトに統合可能である。

脚注[編集]

  1. ^ a b System requirements”. iMacros | Web Browser Scripting, Data Extraction and Web Testing. iOpus Inc. 2010年1月9日閲覧。
  2. ^ iMacros Feature Comparison - Free and Business Editions”. iMacros website. iOpus. 2011年1月9日閲覧。
  3. ^ Firefox 3 Hacks, O'Reilly, 2008, ISBN 978-4-87311-375-3
  4. ^ Goebel, Max et all. Digging the Wild Web. An Interactive Tool. Web information systems engineering - WISE 2007: 8th International Conference
  5. ^ Huben, Jan, Domain Independent Automatic Form Filling. Web Engineering: 10th International Conference, ICWE 2010, Vienna, Austria
  6. ^ Firefox Extensions and Tools: Using iMacros and Zotero”. Library Technology Conference 2009 (2009年3月19日). 2011年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]