Password Authentication Protocol

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

Password Authentication Protocol (パスワード・オーセンティケーション・プロトコル、PAP) は、ネットワークアクセスサーバがユーザをPPPで認証する時に用いる、単純な認証プロトコルである。 例えばインターネットサービスプロバイダがこれを利用している。

この認証は、資源にアクセスする前にユーザの正当性を確認するプロセスである。 PAP は暗号化されていない ASCII コードのパスワードをネットワーク上で送信するため、CHAPEAPに比較した場合、安全性に欠ける場合がある。

動作[edit]

  • クライアントはユーザ名とパスワードを送信する
  • サーバは Authentication-ack (認証に成功した場合) または Authentication-nak (それ以外) を送信する

PAP パケット[edit]

説明 1 バイト 1 バイト 2 バイト 1 バイト 可変長 1 バイト 可変長
Authentication-request Code = 1 ID 長さ ユーザ名の長さ ユーザ名 パスワードの長さ パスワード
Authentication-ack Code = 2 ID 長さ メッセージの長さ ユーザ名
Authentication-nak Code = 3 ID 長さ メッセージの長さ ユーザ名

PAPパケットは、PPPフレームに埋め込まれる。プロトコルフィールドの値は C023 (16進数) である。

フラグ アドレス コントロール プロトコル (C023 (16進数)) ペイロード(上記の表) FCS フラグ

参考文献[edit]

  • 岡嶋裕史『平成29年度【春期】【秋期】 情報処理安全確保支援士合格教本』技術評論社、2017年1月25日、初版。ISBN 978-4-7741-8502-6

関連項目[edit]

外部リンク[edit]