PandaBoard

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PandaBoard, PandaBoard ES
PandaBoard described.png
PandaBoard 解説
販売開始 2010年10月27日 (PandaBoard)
2011年11月16日 (PandaBoard ES)
価格 US$174 (PandaBoard)
US$182 (PandaBoard ES)
種類 シングルボードコンピュータ
プロセッサー ARM Cortex-A9 MPCore
周波数 1GHz (PandaBoard)
1.2GHz (PandaBoard ES)
メモリ 1GB LPDDR2 SDRAM

PandaBoard(パンダボード)は、テキサス・インスツルメンツOMAP4430 SoC に基づく低消費電力、低コストのシングルボードコンピュータ・開発プラットフォーム。ボードは2010年10月27日以来、174米ドルで販売されている[1]。コミュニティでサポートされている開発プラットフォーム[2]

PandaBoard ESは、CPUとGPUがより高いクロックレートで動作している、OMAP4460 SoCに基づく新しいバージョン。ボードは2011年11月16日に、182米ドルで販売開始。PandaBoardと同様に、コミュニティでサポートされている開発プラットフォーム[3]

特徴[編集]

  • CPU
    • PandaBoard - 1GHz デュアルコア ARM Cortex-A9 MPCore
    • PandaBoard ES - 1.2GHz デュアルコア ARM Cortex-A9 MPCore
  • GPU - OpenGL ES 2.0, OpenGL ES 1.1, OpenVG 1.1, EGL 1.3
    • PandaBoard - 304MHz SGX540
    • PandaBoard ES - 384MHz SGX540
  • DSP - C64x
  • メモリ - LPDDR2 SDRAM 1GB
  • ストレージ - SDカード。最高32GB。
  • 10/100Mbps イーサーネット
  • 無線LAN 802.11 b/g/n
  • Bluetooth 2.1+EDR
  • 映像出力 - DVI, HDMI
  • 音声出力 - 3.5mm オーディオコネクタ
  • USB 2.0 ホスト x2, USB On-The-Go 2.0 x1
  • OS - AndroidUbuntuLinaro から配布されている。Android は Google の本家の git リポジトリでも実験的サポート扱いであるが、サポートしている。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ PandaBoard FAQ: Is TI subsidizing the PandaBoard?”. OMAPpedia. Omap World (2011年12月24日). 2011年12月24日閲覧。
  2. ^ PandaBoard ships Cortex-A9 board for devs, hobbyists”. Electronista. MNM Media LLC. (2010年10月27日). 2010年11月6日閲覧。
  3. ^ PandaBoard ES equips open source mobile developers with TI's OMAP4460 processor”. Pandaboard.org. EETimes (2010年12月11日). 2010年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]