Nemo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Nemo
Nightwishシングル
初出アルバム『ワンス
リリース
規格 CD, DVD
録音 2003〜2004年
フィンヴォックス・スタジオ
ジャンル シンフォニック・メタル
時間
レーベル スパインファーム・レコードニュークリア・ブラスト
プロデュース Tero Kinnunen
チャート最高順位
Nightwish シングル 年表
"Bless the Child"
(2002)
"Nemo"
(2004)
"Wish I Had an Angel"
(2004)
テンプレートを表示

Nemo」(ニモ)は、Nightwish がリリースしたアルバム『ワンス』からの1枚目のシングル。録音にはアカデミー室内管弦楽団が参加した。

作曲者のツォーマス・ホロパイネンによると、題名は「誰でもない」を意味するラテン語(英語の nobodyと同義)であり、歌には喪失の気持ちや過去への憧憬が描かれている[1]。しかし、題名の由来に関して様々な憶測を生んだ。例えば、ジュール・ヴェルヌ作の「海底二万里」に登場するネモ船長チャールズ・ディケンズ作の「荒涼館」に登場するネモ、ウィンザー・マッケイ作の「リトル・ニモ」、ディズニー映画の「ファインディング・ニモ」などと関連付けられた。特に「ファインディング・ニモ」に関しては、この曲が発売される直前に公開されたため、またホロパイネンがそのアニメを制作したディズニーのマニアだったため、登場キャラクターのニモと混同された。それについてホロパイネンはインタビューで、「魚ではない!"誰でもない"を意味するラテン語であり、ディズニー映画とは関係がない。」と述べている[1]

フィンランドの音楽史上でも稀な高額予算を費やしてアンティ・ヨキネンが監督したビデオも話題になり、シングルはフィンランドで発売当日にゴールド・ディスクになった。また2005年の映画『地獄の変異』の主題歌にもなり、それに併せて映画のハイライトを挿入した特別編集のビデオも公開された。

トラック・リスト[編集]

1st edition[編集]

  1. Nemo (04:27)
  2. Planet Hell (04:39)
  3. White Night Fantasy (non-album bonus track) (04:02)
  4. Nemo (orchestral version) (04:37)
  5. Nemo (music video) (04:05)

2nd edition[編集]

  1. Nemo (04:36)
  2. Live to Tell the Tale (exclusive bonus track) (05:02)
  3. Nemo (orchestral version) (04:39)
  4. Nemo (music video) (04:05)

演奏者[編集]

制作者[編集]

  • Engineers and recorders: TeeCee Kinnunen, Mikko Karmila and Emppu Vuorinen
  • Mixing: Mikko Karmila and Tuomas Holopainen
  • Mastering: Mika Jussila
  • Orchestral and choral arrangements: Pip Williams
  • Conducted: James Shearman
  • Orchestra Leader: Gavyn Wright
  • Band photographer: Toni Härkönen

脚注[編集]

  1. ^ a b Klaudia Weber: Nightwish Interview at Underground-Empire.com (German) Retrieved 2011-7-14.