NGC 6369

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 6369
NGC 6369HST.jpg
星座 へびつかい座
視等級 (V) 12.9
視直径 38 ′
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 17h 29m 20.45s[1]
赤緯 (Dec, δ) -23° 45′ 34.8″[1]
距離 2.0 - 5.0×103光年
別名称
別名称
Little Ghost Nebula[2],
PK 002+05 1[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 6369は、へびつかい座惑星状星雲である。ウィリアム・ハーシェルが発見した[2]。「小さな幽霊星雲」[3][4](Little Ghost Nebula[2])とも呼ばれる。

丸く惑星の形であり、比較的暗い。惑星状星雲は、惑星とは全く関連がないが、その代り太陽のような恒星の生涯の最後に、外層が吹き飛ばされて核が縮んで白色矮星となり、形成される。

星雲の中心付近に見える白色矮星は、強烈な紫外線を放出し、星雲の成長にエネルギーを与える。星雲の環構造は、直径約1光年で、電離した酸素水素窒素はそれぞれ青色、緑色、赤色に光る。

出典[編集]

  1. ^ a b c d SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 6369. 2013年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c Nemiroff, Robert; Jerry Bonnell. “NGC 6369: The Little Ghost Nebula”. Astronomy Picture of the Day. 2013年8月24日閲覧。
  3. ^ 「小さな幽霊星雲」NGC6369 AstroArts
  4. ^ 小さな幽霊星雲、宇宙の“怪物” ナショナルジオグラフィックニュース

座標: 星図 17h 29m 20.45s, −23° 45′ 34.8″