Mr. ZIP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1963年のアメリカ合衆国郵政省看板のMr. ZIP

Mr. ZIP(非公式には「Zippy」)は、あらゆる郵便物ZIPコードアメリカ郵便番号)を書き込むよう一般大衆奨励する1960年代のアメリカ合衆国郵政省、後の1970年代のアメリカ合衆国郵便公社が用いたキャラクターである。

Mr. ZIPの起源[編集]

アメリカ合衆国郵政省はMr.ZIPの起源を以下のように説明している。

Mr. ZIPは、ニューヨーク銀行のbank-by-mailキャンペーンにより、郵便集配員の息子で広告代理店の社員であるハワード・ウィルコックスが元々デザインしたものである。ウィルコックスのデザインは、手紙を配達しているポストマンを表している。その後数回デザインは変更された後、電話会社 AT&Tが権利を得て、郵政省が無料で利用できるようになった。胴体バッグを追加した郵政省の新しいMr. ZIPのデザインは、1962年10月に発表された[1]

郵便公社での使用[編集]

1966年のメアリー・カサット切手に付属したZippy

大量の手紙の集配送効率を高めるZIPコードを一般人に普及させるのに、郵政省は苦労していた。特に高年齢の郵便差出人にZIPコードを覚えさせるのは困難だった。そこでMr. ZIPの役割は、小さな子供達にZIPコードを覚えさせ、彼らが年をとった後で常にZIPコードを使用することと、彼らの両親や祖父母に対してZIPコードの使用を奨励することを期待された。

Mr. ZIPは郵便配達人のイラストで、大きく見開いた目と時々手に持つこともある帽子が特徴である。髪はストレートだが、皮膚はややオレンジ色で人種は特定できない。手足は非常に細い。ZIPコードの利用促進のポスターで、彼はよく使用されていた。キャラクターは1970年代後期までに段階的に削除されていった。しかし郵政公社は著作権保護されたデザインは保持し続けた。そして、郵政公社のZIPコード検索ウェブサイトで、彼は復活した[2]


脚注[編集]

  1. ^ Mr. ZIP- The nation’s original ‘digital’ icon
  2. ^ ZIP Code Lookup”. United States Postal Service. 2006年12月12日閲覧。