Mobile Network Code

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Mobile Network Code (MNC) とは、端末設備を識別するための電気通信番号(International Mobile Subscriber Identity、IMSI)のうち、特に電気通信事業者を識別するために使用されるコード。

概要[編集]

運用地域を示す、Mobile Country Code (MCC) とともに使用する。ITU-T勧告E.212により規定される。

従来は携帯電話事業者の識別目的に使用されてきたが、いわゆるFixed Mobile Convergence等との関係から、2008年5月にE.212が改正され、携帯電話以外の電気通信全般での使用が認められることになり、それに伴い日本においても同年11月に電気通信番号規則(総務省令)が改正されている[1]

日本におけるMNC[編集]

現在の日本のキャリア(オペレーター)が運用中のネットワークのMNCは以下の通りである。

MCC MNC ブランド 事業者 状況 システムおよび周波数 備考
440 00 Y!mobile ワイモバイル 運用中 UMTS 1700 / LTE 1800
440 10 NTT DOCOMO NTTドコモ 運用中 UMTS 2100 / UMTS 800 / UMTS 1700 / LTE 2100 / LTE 1500 / LTE 800
440 20 SoftBank ソフトバンクモバイル 運用中 UMTS 2100 / UMTS 1500 / UMTS 900 / LTE 2100
440 50,51 KDDI KDDI沖縄セルラー電話 運用中 LTE 2100 / LTE 800 / LTE 1500
440 54 KDDI KDDI沖縄セルラー電話 運用中 CDMA 800 / CDMA 2100
441 00 WCP Wireless City Planning 運用中 AXGP 2.5GHz
441 10 UQ WiMAX UQコミュニケーションズ 運用中 WiMAX / WiMAX 2+ 2.5GHz

また、ITU-TのMNCのリスト[2][3]における日本のMNCは以下の通りである。

MCC MNC オペレータ/ネットワーク 事業者 状況 備考
440 00 SoftBank Corp. ソフトバンク 運用中
440 01 UQ Communications Inc. UQコミュニケーションズ 運用中
440 02 Hanshin Cable Engineering Co.,Ltd. 阪神ケーブルエンジニアリング 運用中
440 05 Wireless City Planning Inc. Wireless City Planning 運用中
440 10 NTT DOCOMO, INC. NTTドコモ 運用中
440 20 SoftBank Corp. ソフトバンク 運用中
440 21 SoftBank Corp. ソフトバンク 運用中
440 50 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 51 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 52 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 53 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 54 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 70 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 71 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 72 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 73 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 74 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 75 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 76 KDDI Corporation KDDI 運用中
440 78 Okinawa Cellular Telephone Company 沖縄セルラー電話 運用中
441 00 Wireless City Planning Inc. Wireless City Planning 運用中
441 01 SoftBank Corp. ソフトバンク 運用中
441 10 UQ Communications Inc. UQコミュニケーションズ 運用中

脚注[編集]

[ヘルプ]