Mk 83 (爆弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mk.83 汎用爆弾
Mark 83 Bombs.jpg
Mk.83 1,000ポンド(454kg)汎用爆弾
種類 低抵抗汎用爆弾
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
諸元
重量 460kg
全長 3,000mm
直径 357mm

弾頭 トリトナール、マイノールもしくはH6
炸薬量 202kg

Mk.83Mark 83、マーク83)は、アメリカ合衆国用に使う低抵抗汎用爆弾、Mk.80シリーズの一種である。

開発と運用[編集]

アメリカ海軍のF/A-18E スーパーホーネットに搭載された10発のMk.83爆弾

爆弾の名目上の重量は1,000ポンド(454kg)であるものの、実用上の重量は、信管オプションや尾部の装備状況によって447kgや468kgと様々である[1][2]。Mk.83は、流線形状の製弾体に202kgのトリトナール高性能爆薬を内蔵する。PBXN-109耐熱性爆薬を充填した場合、この爆弾はBLU-110と呼ばれる。

Mk.83/BLU-110は、多様な精密誘導兵器の弾頭として用いられ、この中にはGBU-16 ペイブウェイII レーザー誘導爆弾、GBU-32 JDAM、そして、クイックストライク機雷が含まれる。

本爆弾は、アメリカ海軍が最も広く使っている。1967年に起きた空母フォレスタル」の大火災事故ののち、米海軍はWeapon System Explosives Safety Review Board(WSESRB、兵器システム爆発物安全評価委員会)を組織した。この試験報告によれば、Mk.83爆弾のコックオフに要する時間は約8分40秒とされた。

参考文献[編集]

  1. ^ FMU-152/B ELECTRONIC BOMB FUZE”. Integrated Publishing. 2010年10月13日閲覧。
  2. ^ Mk83 General Purpose Bomb”. Federation of American Scientists (2000年4月23日). 2010年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]