Mini-ITX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C3プロセッサ搭載のVIA製Mini-ITXマザーボード (EPIA PD-10000)

Mini-ITX(ミニ・アイティーエックス)は、台湾VIA Technologies社が開発したマザーボードフォームファクタ(規格)。MicroATXやFlexATXといった小型ATX規格よりも顕著に小さく、わずか17センチメートル四方である。さらに小さなNano-ITX(ナノ・アイティーエックス、大きさ12cm四方)や、Pico-ITX(ピコ・アイティーエックス、10cm×7.2cm)がある。

Mini-ITXのマザーボードは組み込みシステムで用いられることを前提に設計され、製品としてはVIA製のEden、EPIA(C3)シリーズなどが大多数を占めているが、インテルAMDのCPU向けの製品も少数ながら作られている。2008年6月にIntel Atom搭載のMini-ITXマザーボードをインテルが発売して以降、各社が続々と同様のマザーボードを販売しており、着目されている。

自作パソコンとしては、チップセットにグラフィック機能を統合しており、省スペースパソコンホームシアターパソコン(HTPC)としての使用に適している。

VIA製のものは自社CPU直付けであり、熱設計電力 (TDP) が小さい部品を実装し、CPUの冷却装置としての強力な冷却ファンを必要としない。デメリットとしては、拡張スロットはそのサイズゆえ1~2基と少なく、モバイルPC用パーツを利用する事も多いため、通常のデスクトップ用マザーボードより高コストとなる。VIA製のCPUはインテルAMDのCPUほど高速ではない。しかし、割り切ってみればインターネットやメール、ビジネス用途であれば十分な性能である。

他社製のものはCPUを交換できるものが多いが、対応CPUや、CPUクーラーの高さ、熱容量(TDP)にはマザーボードおよびケース側の制限があるので、ATXMicroATXなどに比べて、より注意を要する。

ITX系マザーボードの寸法

関連項目[編集]

外部リンク[編集]