VIA Nano

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VIA Nano Chip Image (perspective).jpg

VIA Nano(ヴィア ナノ)は、台湾VIA Technologiesが販売するCPUの名称である。


概要[編集]

VIA NanoはVIAが2008年5月に発表したCPU製品である。従来の同社CPU製品同様にVIA傘下のセントールテクノロジーにより設計された。開発コードネームはIsaiah (VIA) またはCNA/CNB/CNC/CNQ(Centaur)。

VIA C7の後継製品とされ、VIA製x86互換CPUとして初めてアウト・オブ・オーダー実行およびスーパースケーラ命令パイプラインを搭載する他、拡張命令としてSSE3命令・x64互換命令などがフルサポートがされた。これにより前モデルであるC7から大幅に性能の向上がされているが、CNA/CNB/CNCにおいてはハードウェアマルチスレッディングマルチコアといった並列化技術は搭載していない。

マルチコアは後にCNQコアにおいて搭載された、これはVIAのCPUがマルチコア化された初めての例である。

またAES暗号化エンジンPadLockによるハードウェア暗号化アクセラレーションをサポートする。

省電力技術Adaptive PowerSaverによる高度な省電力制御が可能であり、アイドル時の消費電力は100~200mWとなっている。(最上位のL2100のみ500mW)

富士通の65nmプロセスルール(Nano 1000~3000シリーズ)とTSMCの40nmプロセスルール (Nano X2/VIA QuadCore) により製造がされ、パッケージングはオンボード用のNanoBGA2のみで提供される。VIA NanoのパッケージはVIA C7とピン互換性があり、C7対応にデザインされたシステムであれば容易に置換えが可能となっている。

2009年11月、VIAはマイナーチェンジとなるVIA Nano 3000 (CNC) シリーズを発表した。これは従来のNanoプロセッサーに対し、20%低い消費電力で20%高い性能を実現したとされている。またCPU仮想化およびSSE4命令への対応といった新機能も搭載している。Nano 3000シリーズの発表に伴い、従来モデルはNano 1000(CNA)/2000シリーズ (CNB) と表記されている。

2011年1月、VIA Nano 3000をベースとしたデュアルコアCPUVIA Nano X2 (CNQ) シリーズを発表した。

CentaurのコードネームがCNDではなくCNQになっているのはもともとQuadCore化を前提に設計されたためである[1]

同年5月にはNano X2をベースにしたクアッドコアCPUであるVIA QuadCoreシリーズを発表した。

これは同じダイ (CNQ) を基板上に2つ搭載する手法(Multi-Chip Module)でクアッドコアを実現したCPUであり同じ手法を利用したCPUとしてはインテルPentium DCore2 Quadなどが知られている。

また、VIA Nanoプロセッサーには消費電力や発熱に応じてクロックを引き上げる自動オーバークロック機能を備えており、シングルスレッド時の性能を引き上げることが可能となっている。

主な仕様[編集]

  • パッケージサイズ:21mm x 21mm
  • ダイサイズ:7.650mm x 8.275mm(63.3平方mm)
  • プロセスルール:65nm(Nano 1000~3000シリーズ)/40nm(Nano X2シリーズ及びNano QuadCoreシリーズ)
  • パッケージ形式:NanoBGA2
  • 動作クロック:0.8~2.0GHz
  • FSB:VIA V4 1333/1066/800MHz/533MHz
  • L2キャッシュ:4/2/1MB (16-way set associative)
  • 対応チップセット:CN896+VT8237S/VX900/VX900H/VN1000/VX11

主なラインナップ[編集]

VIA Nanoの製品ラインナップはメインストリームデスクトップ/ノートPC向けのLシリーズと、SFFデスクトップ/UMPC向けのUシリーズ及び組み込み向けのEシリーズに大別される。

また、ファンレス駆動が可能なCPUはEDENシリーズとしてモデルナンバーが付されているがここではIsaiahコアのEDENも合わせて表記する。

デスクトップ・ノートPC向け[編集]

VIA Nano 2000 シリーズ

モデルナンバー クロックスピード L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード Clock Multiplier TDP アイドル時の消費電力 Socket Core数 発表日時 Part Number(s)
Nano L2200 1.6 GHz 16+16 KB 1024 KB 800 MHz 17 W 200 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008
Nano L2207 1.6 GHz 16+16 KB 1024 KB 800 MHz 17 W 200 mW NanoBGA2 1 -
Nano L2007 1.6 GHz 16+16 KB 1024 KB 800 MHz 25 W 500 mW NanoBGA2 1 -
Nano L2100 1.8 GHz 16+16 KB 1024 KB 800 MHz 25 W 500 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008
Nano L2107 1.8 GHz 16+16 KB 1024 KB 800 MHz 25 W 500 mW NanoBGA2 1 -

VIA Nano 3000 シリーズ

モデルナンバー クロックスピード L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード Clock Multiplier TDP アイドル時の消費電力 Socket Core数 発表日時 Part Number(s)
Nano L3600 2 GHz 16+16 KB 512 KB 800 MHz 10× - 500 mW NanoBGA2 1 November 3, 2009
Nano L3100 2 GHz 16+16 KB 512 KB 800 MHz 10× 25W 500 mW NanoBGA2 1 November 3, 2009
Nano L3050 1.8 GHz 16+16 KB 512 KB 800 MHz 25W 500 mW NanoBGA2 1 November 3, 2009
Nano L3025 1.6 GHz 16+16 KB 512 KB 800 MHz - 500 mW NanoBGA2 1 November 3, 2009

VIA Nano Dual Coreシリーズ [2][3]

モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード TDP Socket Core数 発表日時 Part Number(s)
L4350 1.6 GHz 1.73Ghz 64+64 KB 1 MB 1066 MHz 27.5 W NanoBGA2 2 May 5, 2011
L4050 1.4 GHz - 64+64 KB 1 MB 1066 MHz 19 W NanoBGA2 2 May 5, 2011

超低電圧CPU(SFFデスクトップ/UMPC向け)[編集]

VIA Nano 1000/2000 シリーズ

モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード Clock Multiplier TDP アイドル時の消費電力 Socket Core数 発表日時 Part Number(s)
Nano U1700 1.0 GHz 1.3 GHz 16+16 KB 256 KB 800 MHz 10~13× 5 W 200 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008
Nano U2300 1.0 GHz 16+16 KB 256 KB 533 MHz 7.5× 5 W 100 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008
Nano U2225 1.3 GHz 16+16 KB 256 KB 800 MHz 13× 8 W 200 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008
Nano U2250 1.3 GHz 1.6 GHz 16+16 KB 256 KB 800 MHz 13~16× 8 W 200 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008
Nano U2500 1.2 GHz 16+16 KB 256 KB 800 MHz 12× 6.8 W 100 mW NanoBGA2 1 May 29, 2008

VIA Nano 3000シリーズ [4][5]

モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード Clock Multiplier TDP アイドル時の消費電力 Socket Core数 発表日時 Part Number(s)
Nano U3100 1.3 GHz 1.6 GHz 64+64 KB 1 MB 800 MHz 13~16x 9 W 100 mW NanoBGA2 1 April 22, 2010
Nano U3300 1.2 GHz 64+64 KB 1 MB 800 MHz 12× 6.8 W 100 mW NanoBGA2 1 April 22, 2010
Nano U3500 1.0 GHz 64+64 KB 1 MB 800 MHz 10× 5 W 100 mW NanoBGA2 1 April 22, 2010
Nano U3400 0.8 GHz 64+64 KB 1 MB 800 MHz 8x 3.5 W 100 mW NanoBGA2 1 April 22, 2010

VIA Nano DualCoreシリーズ [6][7]

モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード TDP Socket Core数 発表日時
U4300 1.2+ GHz 1.46 GHz 64+64 KB 2 MB 1066MHz 13 W NanoBGA2 2 May 5, 2011
U4025 1.2 GHz - 64+64 KB 4 MB 1066MHz 18 W NanoBGA2 2 May 5, 2011

VIA QuadCoreシリーズ [8][9][10]

モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード TDP Socket Core数 発表日時
L4650 1.0+ GHz 1.2 GHz 64 KB /core 4 MB 1333 MHz 18 W NanoBGA2 4 May 5, 2011

組み込み向け[編集]

VIA Nano DualCoreシリーズ [11][12]

シリーズネーム モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード TDP Socket Core数 発表日時
Nano X2 E L4350E 1.6 GHz 1.73Ghz 64+64 KB 1 MB 1066 MHz 27.5 W NanoBGA2 2 May 5, 2011
Nano X2 E L4300E 1.2 GHz - 64+64 KB 1 MB 1066 MHz 13 W NanoBGA2 2 May 5, 2011
Eden X2 L4200E 1.0 GHz - 64+64 KB 1 MB 800 MHz 9 W NanoBGA2 2 May 5, 2011
Eden X2 L4100E 0.8 GHz - 64+64 KB 1 MB 533 MHz 6 W NanoBGA2 2 May 5, 2011

VIA QuadCore Processor [13][14][15]

モデルナンバー クロックスピード ターボ時クロック L1キャッシュ L2キャッシュ FSBスピード TDP Socket Core数 発表日時
L4700E 1.2+ GHz 1.46 GHz 64 KB / core 4 MB 1333 MHz 27.5 W NanoBGA2 4 May 5, 2011
L4650E 1.0+ GHz(ULV) 1.2 GHz 64 KB /core 4 MB 1333 MHz 18 W NanoBGA2 4 May 5, 2011


VIAの公式ウェブサイトにおいて、VIA Nano L2200(1.6GHz)とIntel Atom N270(1.6GHz)と比較したベンチマークにおいて、PCMark 05で20%、3DMark2006で29%上回っていることが示されている。[16]

またVIAの公式ウェブサイトにおいて、VIA Nano X2 U4300(1.2GHz+)とIntel Atom D525(1.8GHz)と比較したベンチマークにおいて、50%高いベースクロックによって駆動するAtom Dシリーズに対し、VIA Nano X2が40%~35%程高いスコアを出していると公開し[17] 、共に1ワット当たりの性能がAtomより高いことを主張している。

VIA QuadCoreの発表会場で公開されたベンチマーク結果によるとAMDE-350に比べ高い性能を発揮するとされている[18]

ロードマップ[編集]

2014年7月にVIAグループのCPU開発会社であるCentaurTechnologyからVIA Nanoの後継CPUであるIsaiah IIのベンチマークが発表された。

主な採用例[編集]

VIA NanoはVIA C7同様にコンシューマ向けの単体販売はされておらず、主にVIA社製の産業向けシステムボードに搭載される形で販売されている。

Intel Atom同様にネットブック用CPUとも目されており、韓国サムスンおよび中国レノボがそれぞれNano U2250を搭載したNC20、Idea Pad S12を発売している他、台湾および中国の小規模メーカーに採用されている。また日本のメジャーメーカーでは、日立製作所のシンクライアントに採用された例がある[19]

デルはVIA Nanoを採用したサーバ製品XS11-VX8を発表した。これはVIA社製CPUがデルに採用された初の例であると同時に、VIA社製CPUが大手サーバベンダーのサーバ製品に採用された初の例でもある。

ヒューレット・パッカードはThinclientにVIA製CPUを多く採用しておりNano搭載Thinclientとしてt5570 Thin Clientを発売している。

ZOTACはVIA Nano X2を採用したベアボーンキットZBOXNANO- VD01を発売している。これは日本において一般向けに販売されているPCに初めてNano X2を搭載した例である。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 笠原一輝のユビキタス情報局” (日本語). 2013年6月6日閲覧。
  2. ^ http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=5467
  3. ^ http://www.viaembedded.com/servlet/downloadSvl?id=1373&download_file_id=13043
  4. ^ http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=4767
  5. ^ http://www.viaembedded.com/servlet/downloadSvl?id=1370&download_file_id=13044
  6. ^ http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=5467
  7. ^ http://www.viaembedded.com/servlet/downloadSvl?id=1373&download_file_id=13043
  8. ^ http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=6127
  9. ^ http://www.via.com.tw/en/products/processors/quadcore/index.jsp
  10. ^ http://www.viaembedded.com/en/products/processors/1830/1/VIA_QuadCore_E-Series.html
  11. ^ http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=5467
  12. ^ http://www.viaembedded.com/servlet/downloadSvl?id=1373&download_file_id=13043
  13. ^ http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=6127
  14. ^ http://www.via.com.tw/en/products/processors/quadcore/index.jsp
  15. ^ http://www.viaembedded.com/en/products/processors/1830/1/VIA_QuadCore_E-Series.html
  16. ^ VIA. “VIA Nano(TM)プロセッサ - VIA Technologies, Inc.” (日本語). 2010年5月18日閲覧。
  17. ^ VIA. “VIA Nano(TM) X2 プロセッサ - VIA Technologies, Inc.” (日本語). 2013年6月6日閲覧。
  18. ^ 笠原一輝のユビキタス情報局” (日本語). 2013年6月6日閲覧。
  19. ^ 日立製作所. “仕様:FLORA Se330(BU2)” (日本語). 2012年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]