M45 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M45 SLBM
M-45 missile.svg
種類 SLBM
運用史
配備期間 1997年
開発史
製造業者 EADS スペース・トランスポーテーション
諸元
重量 36 t[1]
全長 11.05 m
直径 1.93 m

弾頭 100 kt TN 75核弾頭[2] 6基6基[3][4]核出力 100 kt)[5]

エンジン 3段式固体燃料ロケット[3]
誘導方式 慣性誘導[1]
発射
プラットフォーム
ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦及びル・トリオンファン級原子力潜水艦
テンプレートを表示
M-45

M45フランス海軍が運用している潜水艦発射弾道ミサイル(MSBS)[1][2]ル・トリオンファン級原子力潜水艦などに配備されている[1]

概要[編集]

フランスは、独自に核戦力の整備を行っており、その一環として、1970年代より潜水艦発射弾道ミサイルを配備してきている[6]。M45ミサイルはM4の発展型としてアエロスパシアルによって開発された[3]

射程は6,000kmとM4より向上し、核弾頭もTN70ないしTN71からTN75へと更新された[3]。弾頭は6発のMIRVとなっている[1][5]半数必中界は350mとされる[4]1997年より配備が開始され[3][2]ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦及びル・トリオンファン級へ搭載されている[1]。両級とも16基の搭載が可能。1999年までに生産は終了した[7]

2010年より、後継のMSBS M51ミサイルへの更新が始められている[1]

他の核ミサイルとの比較: 左がSNLE (ルドゥタブル 級)とM4ミサイル; 右がSNLE-NG (トリオロファン 級)と以前のM45ミサイルと現在のM51ミサイル

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g Ministère de la Défense. “Strategic ballistic missiles (MSBS)”. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c Airbus Defence and Space. “M45”. 2016年1月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f M-4 / M-45”. ederation of American Scientists. 2016年1月13日閲覧。
  4. ^ a b 世界の艦載兵器,世界の艦船2015年1月号増刊,海人社,P21
  5. ^ a b Development of the French Arsenal
  6. ^ フランス海軍の戦後戦略とその潜水艦部隊,日野景一,世界の艦船,1992年9月号,P98-101
  7. ^ FRENCH MSBS PROGRAMMES (Submarine-Launched Ballistic Missiles)”. Defence.Professionals (2005年6月13日). 2011年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]